【注意】旅行中に写真をSNSに上げちゃダメ!?とんでもない事になるぞ

【注意】旅行中に写真をSNSに上げちゃダメ!?とんでもない事になるぞ

ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ!

 28日からゴールデンウィーク(GW)がスタートした。旅行や行楽地に向かう人も多いだろう。スマホが普及した今は、若者からお年寄りまで、誰もが観光地などで写真を撮影し、その場でSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などに投稿する時代だ。しかし、SNSに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんは「投稿してはいけない写真がある」と警鐘を鳴らす。

「旅行中です!」で空き巣被害

 SNSに投稿した写真が原因で、思わぬ危険に巻き込まれることがある。

 Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのSNSを眺めていると、旅行先から投稿した「温泉なう」や、「これから1週間ハワイに行ってきます!」といった投稿をよく見かける。

 旅行先では「インスタ映え」する「リア充」写真が撮り放題。ついテンションが上がり、すぐさま写真を投稿したくなるものだ。しかし、思わぬ「落とし穴」もある。

空き巣の大半が「SNSを確認」

 かつて「空き巣」だったという50人を対象としたアンケート結果が、英国のテレビ番組で放送されたことがある。

 アンケートによると、犯行に及ぶ前に狙いを定めた人物の「フェイスブックやツイッターのアカウントを見る」という回答がなんと78%に上った。

 さらに、狙いを定めた人物の自宅を「Googleストリートビュー(マップで指定した場所の風景を見られる機能)で見る」と回答した元空き巣が70%もいたのだ。

 インターネットを使えば、このような情報も容易に入手できる時代だ。SNSとストリートビューを活用すれば、わざわざ現地まで足を運ぶ必要もなく、狙いを定めた人物の自宅周辺の状況や「その日は留守である」という事実が把握できる。侵入者に対して筒抜けになってしまうのだ。

 空き巣とは違うが、2016年10月には米国のタレント、キム・カーダシアンさんが、フランス・パリに滞在中、手足を縛られ、持っていた10億円相当の宝飾品などを奪われる強盗事件が起きた。

 キムさんは事件の前、1日に何度もインスタグラムやツイッターを更新。20カラットものダイヤの指輪をしている写真まで投稿していた。

限定公開か時間差で

 居場所や持ち物などをSNSで公開することで、犯罪の被害に遭う恐れもある。

 旅行について投稿したい時は、フェイスブックなら友だちなど、限られた人のみに公開する程度にとどめておきたい。よりオープンになりやすいツイッターやインスタグラムなら、一般の人が検索できない「鍵付きアカウント」を作るなど、公開範囲を絞っておくことが重要だ。

 さらに、旅行中や出張中など自宅を留守にしている間はなるべく投稿は避け、帰宅後に写真などをまとめてアップするなど、時間差を付けるようにすれば、より安心といえそうだ。

子どもの写真公開には要注意!

 SNS利用者の中には、愛するわが子の写真を親類や友だちに見せたくて、投稿する人もいるだろう。

 だが、SNSに投稿した子どもの写真が後々、訴訟に発展した例がある。16年9月、オーストリアの18歳の女性が、自分の同意なく幼少期の恥ずかしい写真をフェイスブックに掲載されたと両親を提訴した。

 女性は、何度も両親に削除を求めたが、両親は応じなかったという。父親は「撮影した自分に写真を投稿する権利がある」とまで主張していた。写真にはなんと彼女がトイレにまたがった写真や、おむつ交換される時の写真も含まれていた。

 現代のSNS利用者とその子どもたちにとって、これは決してひとごととはいえないと筆者は考えている。

 たとえばインスタグラムで「#トイレトレーニング」「#お風呂」などの#(ハッシュタグ)を入力して検索すると、赤ちゃんがトイレにまたがっている写真や、お風呂に入っている写真などが次々に見つかる。中には、お尻などが「丸見え」になっているものも多い。

 このような写真は、ネット上にアップされた他人の子どもの写真を、あたかも自分の子どもの写真のようにネット上に公開する“デジタル誘拐”につながったり、さらには異常性癖者を対象とした児童ポルノに悪用されたりする恐れもあるのだ。

 また、将来的に子どもが写真を見た友人にからかわれたり、犯罪の危険にさらされたりするリスクも否定できない。

公開する場合の注意点とは?

 子どもの写真をネット上にアップすることには賛否両論がある。普段なかなか会えない友人や知人にわが子の写真を見せたいという人もいるだろう。

 SNSは自分たちの近況を知らせるツールとしての役割を持つ。子どもの写真を公開すれば、親類や知人が喜ぶことも多い。

 フェイスブックでは親類や親しい友人や知人のみとつながり、公開範囲を限定したり、インスタグラムなら非公開の「子育て専用アカウント」を作ったりするのがおすすめだ。また、親類や親しい友人で「LINEグループ」を作り、そこに子どもの写真を投稿するという手もある。

なお、子どもの入学式などに「◯◯小学校 入学式」などと学校名が明らかな看板の前で、子どもと並んで撮影した記念写真を投稿している人もいる。インスタグラムでは、こうした子どもの個人情報を公開してしまっている例も目立つので注意してほしい。

 子どもの本名や、通っている保育園・幼稚園、学校などの名前は、子どもが犯罪に巻き込まれる恐れもあるので、絶対にネット上に公開してはいけないと筆者は考えている。

「#合格通知」や集合写真公開に注意

 他にもSNSに投稿してはいけない写真はいくつもある。

 たとえば、大学などの合格通知の写真だ。合格して気持ちが舞い上がり、人に自慢したい、知らせたい、という感情が湧き起こり、ついアップしてしまうのだろう。

 インスタグラムでは「#合格通知」や「#合格」のハッシュタグで検索すると、合格通知書の写真が次々に見つかる。

 個人情報が見えないよう加工してあるものもあるが、本名や誕生日などがすべて見える状態でアップされているものも頻繁に見つかる。これでは個人情報「ダダ漏れ」状態だ。

他人の写真を勝手に上げてはいけない

 飲み会などの際に撮影した集合写真を本人に無断でSNSに公開したことがある人はかなり多いのではないだろうか。

 しかし、その場にいたことを明かしてほしくないと考える人もいる。筆者が知人から聞いたエピソードを紹介したい

 その知人は、ある仕事の進捗が遅れ気味になっていたそうだ。しかし、ほかの仕事上の付き合いで飲み会の誘いを断りきれず、やむを得ず参加した。

 ところが、その飲み会の写真をフェイスブック上に公開されてしまい、それを見た取引先から「仕事が遅れているのに飲み会に行くなんて!」と叱責されてしまったそうだ。フェイスブックなどでやってしまいがちな勝手な「タグ付け(情報の共有)」もこのようなトラブルにつながる可能性がある。

 知人の子どもの写真の場合は、一層気を付ける必要がある。そもそも子どもの写真をSNS上に公開したくないと考える人も多い。勝手に公開してしまえば、人間関係に致命的なヒビが入る恐れもある。

 とにかく、他人が写り込んだ写真をSNSに投稿する場合は、撮影する時にしっかりと掲載許可を得ておくことが肝要だ。掲載されたくない人だけ、その場から外してもらうといった手もある。

 許可を得ていない場合は、公開しないようにするか、アップする場合は最低限、顔にモザイクをかけたりするなどの加工は必須だ。写真を共有したい場合は安易にネットに公開することなく、Eメールで送るか、関係者だけのLINEグループで、限られた人とだけ共有するなどの配慮が大切だ。

ピース写真掲載はNG?

 SNSには「ピース」の写真を載せてはいけない。特に近くから撮影したものは危険だ。

 最近のスマートフォンのカメラは高性能で、「数千万画素」というものも当たり前になってきた。これだけ高性能だと、撮影した写真にはっきりと指紋が写り込み、場合によっては悪意の第三者に読み取られてしまう恐れがある。

 指紋は生体認証にも使われている。このため、データ化や複製などで、スマホやパソコンが乗っ取られたり、指紋認証式のマンションのオートロックを解除されたりする恐れがあるとされる。

 このようなリスクを防ぐためには、ピースの写真など指がはっきり写り込んだ写真はネット上に公開しないようにする。あるいは、写真の解像度を意図的に下げたりするなどの工夫が必要だ。

 徳島県で起きたある性犯罪の事件では、犯人の男のスマホの写真が逮捕の決め手となった。

 男は被害者をスマホで撮影していたが、なんと被害者の瞳に容疑者の姿が写っており、被害者の背後の様子から犯行の現場も特定できたという。高性能カメラを搭載したスマホで撮影した写真が「証拠」となった事例だ。

 このケースでは、事件の解決に一役買った。しかし、証拠になるほどの精細な写真は、逆に、犯罪に使われてしまうこともあると肝に銘じておきたい。

「プライバシー」「著作権」……意識していますか?

 タレントや芸能人、スポーツ選手などの有名人を街角で見かけてしくなり、こっそり写真を撮ったことがある人もいるだろう。

 芸能人の写真は、それ自体が価値を持つとされ、勝手に撮影した写真を商業的に利用すると、「パブリシティー権」の侵害になる恐れもある。しかし、個人でSNSに投稿する程度なら問題にはなりにくい。

 ただ、芸能人のプライベートを撮影した写真など、シチュエーションによっては、プライバシーの侵害と指摘されてしまうこともある。SNSなどで公開してしまうと、ファンからのクレームが殺到し「炎上」してしまう恐れもある。

 また、新聞や雑誌、書籍などのページ全体がはっきり読める写真を投稿している人もよく見かける。著作権者の許諾を得ずにアップすると当然、著作権侵害となる。

 SNSにアップされている著作物の写真は「私的使用のための複製」や「引用」など、著作権法で認められている範囲を超えてしまっているものも多く、明らかな法律違反行為に当たる。

絶対に投稿してはいけないあの写真……

 最後に、筆者が「絶対に投稿してはいけない」と考えている写真を指摘しておきたい。

 自宅が特定されかねない、「周囲1キロ以内」の写真だ。これはついつい載せてしまいがちだが、気を付けたい。職場周辺の写真もアップするときは注意したほうがいい。

 SNS全盛の現代社会では、何気なく投稿した写真によって、思わぬ被害やトラブルに巻き込まれたり、法律に触れたりすることもある。「いったんネットに上げた写真は、どう見られているか、何に使われるかもわからない」と考えるべきだ。細心の注意を払ってSNSを利用してほしい。

ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ! : 深読み
 28日からゴールデンウィーク(GW)がスタートした。旅行や行楽地に向かう人も多いだろう。スマホが普及した今は、若者からお年寄りまで、誰もが観光地などで写真を撮影し、その場でSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス

 

旅行中にかぎらずSNSへの画像投稿で注意すべきことのまとめ記事。気にし過ぎても仕方ないけど一読の価値あり。

コメント