【ラグビー】<日本代表がここまで強くなったのは外国出身選手のおかげ>日本代表と言われても違和感があるという向きも少なくない

スポンサーリンク

世界ではもう常識 日本ラグビー躍進の陰には外国出身選手

スポンサーリンク

ラグビー日本代表がここまで強くなったのは、外国出身選手のおかげである。彼らのほとんどがニュージーランド、トンガ、南アフリカといった南半球のラグビー強豪国の出身だ。だから「日本代表」と言われても違和感があるという向きも少なくない。

しかし、世界を見渡せば外国出身選手の力を借りて国際大会でメダルを狙う国はヤマほどある。

スポンサーリンク

例えば、16年のリオ五輪の卓球選手は172人(男女各86人)いたが、38人(中国代表を除く)が中国生まれだった。日本の女子が準決勝で負けたドイツは2人、3位決定戦で戦ったシンガポールは3人とも中国出身。米国代表は男女6人のうち5人がそうだった。卓球のレベルが低い国が中国では代表になれない二流選手を帰化させて国際大会に出場させるのが当たり前になっている。

スポンサーリンク

中東のバーレーンやカタールといった国々も、アフリカの陸上選手を多額のカネで引っ張り帰化させている。韓国も昨年の平昌冬季五輪で、アイスホッケーやバイアスロンなど、欧米選手15人を特別帰化させて代表にしたことが話題になった。日本も積極的に「外国人補強」をするべきではないか。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/262573

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ラグビー界ではこれが世界の常識で、日本代表の外国人比率が際立って高いわけでもないらしい。それでもまあ違和感あるよね、ぶっちゃけ😅😅😅

コメント