sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

カナダがロリコン発見器を開発 児童の全裸姿を眺めさせて男性器の血流と脳波を測定

   

カナダがロリコン発見器を開発 児童の全裸姿を眺めさせて男性器の血流と脳波を測定

最新の「小児性愛者(ペド)発見器」がエグすぎる! 児童の全裸姿を眺めてペニスを…これは人権侵害レベル!

児童に対する性的虐待事件は日本でも海外でも後を絶たない。未成年に対する性的欲求というのは通常、心の奥にしまい込んでいるものであり、そのような欲求を抱えた人物かどうかを事前に見定めるのは難しいものだが、先日、まさにそれを見抜く方法をカナダのケベック大学の研究チームが発表し、大きな話題を呼んでいる。

■男性器の血流を測るうそ発見器

英紙「Daily Mail」(6月9日付)によると、測定方法は次のようなものだ。まず被験者達の体の一部を装置で固定し、血流を測定する。平常時と興奮時の血流変化を捉えるという点においては、うそ発見器の仕組みと同じである。しかし、注目すべきは、その測定部位が、なんと男性器であるという点だ。

被験者達は自分の男性器の血流を測る装置を着けられたまま、今度は3D用のメガネを着用させられ、前方スクリーンに映された児童の全裸姿を眺めさせられる。しかも、投影される3Dの児童は様々なタイプが存在し、体つきや年齢のバリエーションも多岐に渡るという、まさに「品揃え豊富」な状態だ。

これでは、いくら児童に興味がなくても、血流も上がってしまうのではないか? と突っ込みたい気持ちはやまやまだが、研究チームはあくまでも冷静であり、「被験者がどのような児童に対して興奮するのかをしっかりと判定できる仕組み」と、自らが編み出したこの測定方法に胸を張る。

どのタイプの被験者にとっても、このような赤裸々な方法で自分の心の内を明かされるのは、これ以上ない羞恥心を伴うであろう。しかし、測定する側は被験者の心なんておかまいなしに、淡々と被験者の男性器の血流状況を測り続ける……。

■異常性をシビアに判定

なお、この研究の被験者としては、児童に対する性犯罪者と、性犯罪歴のない、いわゆる一般的な男性を対象に、合計60名の男性が登用された。児童に興味のない後者の被験者達は、いったいどんな気持ちでこの治験に参加したのだろう? そもそも、参加者全員が緊張から血流が上がれば、測定の意味が無いのではないか?

ところが、研究チームは「その心配は不要」というスタンスだ。なぜなら「脳波を同時に調べることで、その男性の異常性を判別できる」からだ。どういうことか?

性器の血流により興奮度と好みのタイプの児童を判定できるものの、その児童に対する罪悪感や心の痛みを理解する「人間らしい共感度」は、脳波を使って調べるのが良いという主張だ。なるほど、確かに、児童に対する性犯罪者の中には冷徹な人間もいることを考慮すると、この測定方法は確かに多角的ではある。実際に、被害者の児童が持つであろう「痛み」「恐怖」「悲しさ」という細かな心情に対して、被験者の脳波の動きを見ることにより、「この被験者は罪悪感を持つものの、性的興奮のほうが勝ってしまう」などと、心の奥を推測しやすくなる。こうして、犯罪の度合いを判定していく。

それにしても、この方法。非常に興味深い一方で、日本で実施したら大炎上しそうだ。いや、海外だって人権団体が黙っていないだろうと思えるが、人権派としては、児童に対する犯罪のほうが重大な人権侵害というところか。

http://tocana.jp/2017/07/post_13727_entry.html

性器の血流って例えば別のこと考えたりして、男なら結構簡単にコントロールできちゃうもんだと思うけど(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット