【悲報】RIZIN、ガチのマジで終わる

スポンサーリンク

衝撃!シバターと久保の電話録音データを暴露系Youtuberコレコレ氏が公開…「これって俗にいう八百長ですか?」「そうですね」…RIZINの関与疑惑も

スポンサーリンク

大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN.33」で炎上系Youtuberプロレスラーのシバター(36)が元K-1王者、久保優太(34)に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで1本勝ちした試合で持ち上がった八百長疑惑問題に5日、新たな展開があった。暴露系Youtuberとして公式チャンネル登録数159万人を誇るコレコレ氏が、自身のYoutubeの生配信で、昨年のクリスマスに、久保とシバターが交わした生々しい電話のやりとりと思われる約7分間の録音データを公開した。RIZINから生放送出演をストップされている久保自身が、コレコレ氏に提供した模様で、シバターがRIZINの関与や、朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める1分間勝負のアマチュア総合格闘技イベント「BREAKING DOWN」でも“やらせ”を仕掛けていたことなどを明かす衝撃的な内容。音声データそのものの真偽や、シバター発言の真偽も不明だが、格闘技界を揺るがしている八百長疑惑問題の波紋は広がるばかりだ。

スポンサーリンク

久保自身が音声データを提供
八百長疑惑の決定的証拠となる衝撃の音声データが公開された。青汁王子こと三崎優太氏のYoutubeライブに出演した際に久保は、シバターからやらせを持ち掛けられた際の電話のやりとりを録音していたことを明かしていたが、「ネット系文春砲」と呼ばれる暴露系Youtuberのコレコレ氏が、その録音データを久保自身から入手。この日、「コレコレチャンネル」でライブ配信した。
コレコレ氏の説明によると、先日、久保は、三崎氏のYoutubeライブに生放送とは知らずに電話で出演してシバターから仕掛けられたやらせの中身を暴露したが、その後、RIZINから“生放送に出ないで欲しい“との圧力がかかったため、「自分では流すことができないのでコレコレ氏に流してもらいたい」と音声データが持ち込まれたという。
提供された音声データは、全部で約10分あるそうだが、世間話の部分はカットされ、約7分の核心部分だけが公開された。

スポンサーリンク

まずシバターと思われる人物(以下シバター)が、「結論からいうと、まず自分の実力では久保さんにほぼかなわない、というのが私の気持ちというか、見解で」と話し始め、久保と思われる人物(以下久保)が、「そんなことないと思います」とフォロー。
するとシバターは、「色々怪我じゃないんですが、体のこともちょっとありまして(試合が)始まってみたら試合になんないだろうという見解なんですよ。で、ちょっと提案なんですが私が負けていいんで、2ラウンドの例えば1分とか2分のところで合図を決めて、要はハイキックだったら、ハイキックで倒すとかを決めて。台本的なやつを作って、お互いに致命傷を与えずという約束のもと試合を作るというのは、可能か、不可能か、という打診なんですが」と、いきなり“八百長“を打診したのだ。
「それってあれですか。俗にいう八百長っていうやつですか?」
驚いた様子で久保が返すとシバターはハッキリとそれを認めた。
「そうですね。プロレスってものですね。はい」

スポンサーリンク

久保が過去にシバターが朝倉未来や安保瑠輝也との試合前に八百長を持ちかけている舞台裏をYoutubeで暴露してきたものを見てきたことを指摘すると、シバターは、その不安を打ち消すようにこう返した。
「あれは舞台裏も作っていて、こういう舞台裏も撮影しますよと、朝倉未来さんや安保さんに説明した上で、台本パートを撮影しているんです。今回は、真面目に。これは笹原さんにも、実は話をしていて。作っていいですか?と」
笹原さんとは、RIZINの広報部長の笹原圭一氏。PRIDE時代から榊原信行CEOの右腕として活躍、大会企画や一部のマッチメイクなども担当しているRIZINの重要人物だ。
久保は、「笹原さんは、なんて言っていたんですか?」と質問したが、シバターは、話を少しはぐらかして、こう返した。

スポンサーリンク

「まだRIZINと契約書を交わしていないんですけど、契約書を交わしたのちに、その2ページ目というか、ステップ2として、久保さんに”そういった話を打診するのは可能です”というのが、RIZINさん、笹原さんの回答でした」
シバターは、RIZINが関与しているという“作り話“を伝えることで、久保を安心させようとした可能性も高いのだが、「はい、なるほど」と久保は納得。
そこにさらにシバターは「実力差がありすぎるのと、私はスパーリングとかでもパンチを軽めでもクリーンヒットを受けると体の半分がしびれて動けなくなってしまうんですよ」と泣きを入れた。これは大会前々日の会見で話していたのと同じ内容だ。
「え?そんな状況なんですか?」と、久保が心配そうに返すと、「おそらくは試合にならない。結構やばい怪我をしそうな予感がありまして。負けることはいいので変なやばい怪我をしないまま終わらせたいという気持ちがありまして。もちろん久保さんに花を持ってもらう形で終わっていいので、そこを握れたら(約束)、自分は試合ができるかなと思っているんですけど」と棄権をちらつかせていた試合を行うことの条件としての“八百長“を推した。

スポンサーリンク

決まっていた別のカードが対戦相手のケガで流れ、次にセットされたシバター戦も、棄権をほのめかされていた久保は明らかに動揺。
「まわりは、あのシバターさんとやるんだと盛り上がってくれていて、(妻の)サラさんも入場の準備を頑張ってくれていて、シバターさんのおかげで一挙一動がヤフーニュースでも取り上げてもらって。これが無くなると寂しいと思っています。率直な意見です」と素直な心境を伝えた。
するとシバターは「一番いいのは怪我なく久保さんの株が上がって。RIZINさんなり、色々動いていると思うんで、すべてが無事に終わるのが私も一番望む形であるんですけど」とした上で、久保の不安を見透かしたように、こう続けた。

スポンサーリンク

「ちなみに(久保が)懸念するところは、油断させておいて、騙し討ちをシバターが仕掛けてきて、いきなり勝ちにくる、みたいな。可能性としてはなくはないと思うんですよ」
久保は、昨年の大晦日でHIROYAがシバターに腕ひしぎ逆十字固めで敗れたことを持ち出し「むちゃくちゃ上手いと思いました」と牽制した。
シバターは、「(関節が)決まったら(1本を)取られちゃうじゃないですか。そういうのをなくして裏で書面を交わすとか、供託金を私が積むとか、変に約束を破れないようにして、きわめてバレないような作りをするというのがいけるかどうかを考えていきたいですよね」と書面での裏契約やシナリオを破った場合の違約金を前もって供出しておくことまで提案した。

スポンサーリンク

久保は、それでも警戒心を解かず、「僕は一回もそういうこと(八百長)をやったことがなくて。できるか不安だって…。シバターさんは、そういうことをやったことは?」と問いかけた。すると、シバターは、衝撃の告白をする。
「実は、結構あって、ブレイクダウンとか実は作っているんです。逆パターンで芸人さんを怪我させられないんで、みなみかわさんとか、怪我をお互い絶対しない形のものを作っていたんですよね」
シバターが過去に仕掛けた“やらせ”の例に出したのは、昨年7月に朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める1分間勝負のアマチュア総合格闘技イベント「BREAKING DOWN」で対戦した芸人のみなみかわとの試合だ。シバターは、その試合で、最初にがっちりとガードを固めてみなみかわの打撃を受け、その後、パンチで反撃。最後はギロチンチョークで1本勝ちしている。

スポンサーリンク

「裏側とかわからなかったんで」と驚く久保にシバターは、「ローやミドルなどはバチバチ本気で蹴ってもらって大丈夫なんで」と伝え、HIROYAとの対戦経験があり、そのローの威力を知る久保が、シバターの打たれ強さを称え「怖えなあと思っていました」と返すと、シバターは「すぐに“いいです“”やれます”と答えられないと思うんで、ちょっと考えていただいて。私が変に裏切らない形とか、やり方によってできると思うんで考えていただければ幸いです」と”八百長了承”の結論を久保に預けて話をまとめた。
久保は、「わかりました。試合がなくなるのが怖いところですが、そういう感じでしたら、わかりました」と答え、最後は、シバターがクリスマスプレゼントを家族に渡したという世間話で、2人の電話は終わった。
この公開された音声データの真偽は不明だが、本物であることを示す証拠もあった。
LINE電話をした際のスクリーンショットも公開され、シバターがLINE電話が終わったあとに「変なお願いをして申し訳ありませんでした。今、ガチうつ病になっておりました」「気持ちのせれず本当にすみません」とメッセージを送ってきた部分も暴露されたのだ。

スポンサーリンク

しかも、この生放送を聞いていなかった様子の久保が、番組途中に、コレコレ氏に送ってきた「録音データなのですが、コレコレさんが第三者から極秘で入手したという事にして頂いてよろしいでしょうか」という生々しいLINEメッセージも紹介された。コレコレ氏は、「これはのめない」と拒否。
その後、生配信中に久保自身が電話をコレコレ氏にかけてきて「パニックになっちゃっている」と伝える場面もあった。久保自身が音声データを提供したことは間違いなく、この電話でのやりとりが本物である可能性は極めて高いだろう。

スポンサーリンク

自身の公式Youtubeで今回の問題を謝罪した久保が、過去に「ワタナベホマト事件」を暴くなど発信力の大きいコレコレ氏に提供してまでシバターとの音声データを公開したかった理由はわからない。「パニックになって」混乱していたのかもしれない。ただ、騒動の幕引きどころか、さらに混乱は広がった。シバターと思われる人物の発言により、その関与さえ疑われることになった主催者のRIZINは事態の収拾のためにも早急の対応が求められる。

衝撃!シバターと久保の電話録音データを暴露系Youtuberコレコレ氏が公開…「これって俗にいう八百長ですか?」「そうですね」…RIZINの関与疑惑も(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)
大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN.33」で炎上系Youtuberプロレスラーのシバター(36)が元K-1王者、久保優太(34)に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで1本勝ちした試合で持ち上がった八百長
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

久保とシバターの2人だけの話ってことで割と収まりかけてたのが根本からぶっ飛んだわけで
どうなるんやろなこの騒動😰😰😰

コメント