【朗報】韓国大学教授、アウト

スポンサーリンク

自由韓国党革新委員会の委員長を務めるなど、政治活動に参加している延世(ヨンセ)大学校・社会学科のリュ・ソクチュン教授が講義中、慰安婦被害者ハルモニを売春女性と比較する発言をしたことが判明した。
21日、聯合ニュースが入手した最近の延世大学校・社会学科の専攻科目『発展社会学』の講義の録音データによれば、リュ教授は学生と日帝強占期関連の講義内容を論議の際、慰安婦被害者を売春女性と指称した。

スポンサーリンク

リュ教授は、「(慰安婦に関連して)直接的な加害者は日本(政府)ではない」と言いながら、「(慰安婦は)売春の一種だ」と述べた。
彼は、「売春は古い産業で、過去にもあったし未来にもあるだろう」と言いながら、「慰安婦は日本の民間が主導して、日本政府が放置していた」と説明した。

ある学生が、「慰安婦被害者は自発的に行ったのではなく、強制連行されたのではないか」と反論すると、リュ教授は、「今、売春している人たちはどうしてした(始めた)のか、親が売ったのか」と言いながら、「生活は苦しいが、少し働けば金(カネ)が稼げるという売春の誘惑がある。以前も同じだ」と答えた。

スポンサーリンク

「全ての慰安婦女性が自発的な売春女性という意味か」という質問には、「今(売春)している人は自発的か。自分の意志が半分、他人の意志が半分だ。生活が苦しいから」と言及した。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190920157600004?input=1195m

スポンサーリンク
"위안부는 매춘" 연세대 류석춘 교수 강의 논란 / 연합뉴스 (Yonhapnews)
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

危ないから日本にいらっしゃい😨😨😨

コメント