水族館の希少なエイ、フグ食べて死にかけ「ドジすぎて前例がない」と煽られる

シノノメサカタザメ – Wikipedia

シノノメサカタザメ (東雲坂田鮫、Rhina ancylostoma) はシノノメサカタザメ科に属するエイの一種。1科1属1種。外見や泳ぎ方はサメのようであり、和名も「-ザメ」とつくことから、サメの仲間と間違われやすい。英名では、Bowmouth guitarfish(”Bowmouth”=弓状の吻、”Guitarfish”=サカタザメの仲間)やShark ray(サメのようなエイといった意)、Mud skate(泥質の海底を好むことから。”Skate”=ガンギエイ型のエイ)といった呼び名がある。

インド太平洋の熱帯域に分布し、90m以浅の沿岸域に生息する。丸い頭部、分厚い体、サメに似た大きな背鰭・尾鰭など特徴的な形態を持つ。頭部には棘の列がある。体は灰色で、白い斑点がある。歯はW字型に波打って並ぶ。 2.7m、135kgに達する。

海底近くを泳ぎ回り、魚や甲殻類・貝類を捕食する。胎生である。漁や自然破壊の影響を受けており、IUCNは保全状況を危急種としている。水族館でよく飼育される。

シノノメサカタザメ - Wikipedia

 

もしかしてそのエイってあまりにもドジ過ぎて自滅したために希少なのではなかろうか…(;´Д`)

コメント