【戦犯】Twitterのリツイート機能を作った男、後悔する。

Twitterのリツイートを作った男、後悔する

生きていれば、後悔することもあるよ。

Twitterの機能で最も強力と言っても過言でないもの、リツイート。これを開発したChris Wetherell氏が、ネタ元BuzzFeedのインタビューで後悔していると語りました。いわく「4歳児に弾をつめた銃を持たせるようなもの」だったと。

Wetherell氏は、Google Readerのプラットフォーム開発に携わったのち、2009年にTwitter入社。ツイートを拡散するシンプルな方法として追加されたリツイート機能を作った人物です。確かに、それ以前はマニュアルで元ツイートをコピペしていましたからね。開発当時、ツイート拡散目的の機能でありながら、どういう内容がシェアされていくのかという点まで考えが及んだ社員は、とても少なかったとWetherell氏はいいます。それについて話し合われたことはほぼなかったと。機能リリース後も、情報の広がりについては見るものの、まだその段階ではオリジナルツイートに近いところにいる人たちのリアクション=ポジティブな面しか見えていなかったのだとか。

SNS他社が類似機能を搭載するにつれ、Wetherell氏はリツイートという機能の怖さに考えが及びました。特にその怖さを感じたのは、2014年、Twitter上で起きた女性叩きとも言えるゲーマーゲート事件。

「嫌いなヤツに嫌な印象をつけて広げていくのがこんなにも簡単なことだったとは」

「当時、ターゲットになった人に聞くとよくわかります。リツイートによって、彼らが反応するよりも早く、広く、誤った印象が広がっていったんです」

その様子を見てWetherell氏は思いました。

「一部の人が常軌を逸しているわけじゃない。もしかしたら、人間ってこうなのかもしれない。僕はとにかく怖くなりました」

恐ろしいツールを与えてしまった…。Twitterがいじめの温床と言われるのは、強大なツールのせいだけとは言えません。Twitter社自身が、具体的な対策やテコ入れを行ってきていないのも問題なのです。リツイートをなかったことに…。しかし、時間は戻せない。ならばと、Wetherell氏が今考えていることは一つ。ユーザーを1度落ち着かせるべきだ。つまり、リツイート機能なをなくしてしまえということ。このWetherell氏の発言に対して、ネタ元のBuzzFeedは、リツイートできる数に制限を設けるのはどうかという提案もしています。

BuzzFeedの記事に対し、Twitterのジャック・ドーシーCEOは「リツイート含む全機能の動機や効果については常に考えています」「たとえば、リツイートする時にコメントも添える仕様になれば、拡散前に1度考えるきっかけになるのでは」とコメント。ただ、ドーシーCEOって発言がほんわか(=実行されるかふんわか)していることが多いので、発言したからって今後どう転ぶのかはわからないのですけれど。

https://news.livedoor.com/article/detail/16833562/

 

sakamobi
sakamobi

>「4歳児に弾をつめた銃を持たせるようなもの」

でもリツイート機能がないTwitterなんて誰も使わんと思うけど…😅😅😅

 

コメント