【悲報】蓮舫、トップ当選目指し実績アピール「10人の総理とずっと戦ってきた」

スポンサーリンク

【参院選】蓮舫氏がトップ当選目指し実績アピール「10人の総理とずっと戦ってきた」

スポンサーリンク

立憲民主党の蓮舫氏は17日、東京・千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた立民東京都連が主催した「パートナーズ集会&2022総決起集会」に参加した。

蓮舫氏は来週22日に公示(7月10日、投開票)の参院選東京選挙区に立候補を表明し、4選を目指している。

司会を務めた塩村あやか参院議員から紹介されて登壇した蓮舫氏は「はじめて参院議員選挙に挑戦したのは2004年、今から18年前でした。いまはあの時の初々しさはみじんもなくなりましたが、この18年間の経験は必ずやみなさんに使ってもらえる力を学ばせてもらいました」とあいさつした。

スポンサーリンク

東京選挙区は大激戦。自民党から元「おニャン子クラブ」で女優の生稲晃子氏や元バレーボール、ビーチバレー選手で参院議員の朝日健太郎氏、れいわ新選組の山本太郎氏や作家の乙武洋匡氏など著名人たちが立候補している。

前回2016年の参院選では1123145票を獲得してトップ当選を果たした蓮舫氏。だが今回は苦戦が予想され、これまでの実績と知名度で再選を目指すことになった。

スポンサーリンク

「最初の総理は小泉純一郎さん、そのあとが安倍さん、福田さん、麻生さん、それから10人の総理と予算委員会でずーっと戦ってきました」と話した蓮舫氏は「国会が軽んじられ、政治がおかしくなり、間違った方向にいきました。私は今こそ議会の力、国会の力、行政監視、まっとうな野党がいることが、初めて間違った政治の暴走を止められることができると確信しています」と再選に向けて決意表明した。

【参院選】蓮舫氏がトップ当選目指し実績アピール「10人の総理とずっと戦ってきた」 – 東京スポーツ新聞社
 立憲民主党の蓮舫氏は17日、東京・千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた立民東京都連が主催した「パートナーズ集会&2022総決起集会」に参加した。  蓮舫氏は来週22日に公示(7月10日、投開票)の参...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

喚いてただけにしか見えなかった😰😰😰

コメント