【画像あり】【文春砲】RADWIMPSさん、不倫がバレて完全終了

スポンサーリンク

「妻が相手宅に押しかけ警察も出動」RADWIMPSギター桑原彰(36)が妻子を置いて20代元モデルと“お泊り不倫”《直撃に本人は「ほぼ事実です」》

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大により開催の是非が議論の的となった「FUJI ROCK FESTIVAL’21」(8月20日開催)で、人気バンドのRADWIMPSが俳優の菅田将暉(28)と共に「うたかた歌」を披露し、会場を盛り上げたのは記憶に新しい。

実はライブ前々日の18日、RADWIMPSのメンバーでギターを担当する桑原彰(36)が、不倫相手である元モデルの女性(20代)の自宅に“お泊り”をしていた。「文春オンライン」特集班は、2人の仲睦まじい様子を撮影した――。

スポンサーリンク

老若男女幅広い世代から支持を受け、2度の紅白歌合戦出場
RADWIMPSといえば、ボーカル兼作詞・作曲を担当する野田洋次郎(36)を中心とした4人組の人気バンドだ。

2016年に公開された映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」が映画とともにメガヒットして以降、老若男女幅広い世代から支持を受け、これまで2度の紅白歌合戦出場を果たしている。2019年にリリースされたアルバム「天気の子」は、新海誠監督の映画「天気の子」のテーマ曲集でもあった。同アルバムは、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、日本ゴールドディスク大賞を受賞。今年8月には人気漫画「ONE PIECE」のコミックス100巻、アニメ1000話放送を記念したドラマプロジェクトにも、楽曲「TWILIGHT」を提供している。

スポンサーリンク

RADWIMPSを牽引し、プライベートでは第1子が誕生
「表舞台で何かと注目されるのは野田ですが、その野田をずっと支えつづけたのが桑原です。高校時代に2人は出会った。桑原は野田の才能に惚れ込み、高校を中退し、バンド一本にかけてきた。RADWIMPSを牽引してきたのは、実は桑原なんです」(音楽ライター)

プライベートでは桑原は約10年前に渋谷の居酒屋で出会った女性と結婚、2019年5月に第1子が誕生したことを自身のインスタグラムで報告している。「バン活とパパ活がんばります」と、この時は“新米パパ”としての意気込みを語ったが、実は第1子誕生からほどなくして、桑原はA子さんに出会ったとみられる。

スポンサーリンク

港区にあったA子が住むマンションの部屋に入り浸るように…
「A子は、子どもの頃からモデル活動を行っており、一時期は人気ファッション誌の専属モデルとしても活躍、CMにも出演していました。現在は雑誌の専属モデルは引退したものの、インスタには多くの根強いファンが残っていて、インフルエンサーとして活動している」(ファッションライター)

約1年半前の2020年2月、東京都港区でおこなわれた某飲み会で桑原はA子さんを紹介されたという。桑原の友人が語る。

スポンサーリンク

「仲をとりもったのはその界隈では有名な元アパレル会社社長のX氏です。彼は女友達が多く、芸能人に相手の好みの女性を紹介することで、人脈を広げてきた。ここ数年、クワさん(桑原)は奥さんとの仲がずっと冷え切っていて。子どもが産まれてもそれはかわらず、飲み歩く頻度が増え、X氏の会合にも顔を出すようになった。そこで出会ったA子と、気がついたらくっついていたという感じです。約1年ほど前から、クワさんは家になかなか帰ろうとしなくなり、港区にあったA子が住むマンションの部屋に入り浸るようになりました」

桑原の“不倫”が妻にバレるのに時間はかからなかった。前出の友人が続ける。

スポンサーリンク

慰謝料は「億超え」の可能性も
「クワさんの妻は、不倫の事実をつきとめると、直接A子の自宅に“乗り込んだ”そうです。凄い剣幕でA子の部屋のインターホンを何度も押し、最後は警察も出動するほどの事態になったそうです。クワさんは妻に謝罪し、『もう二度とA子とは会わない』と誓ったのですが……。子育ては彼なりに頑張っていたのですが、妻の信用を失い、家に彼の居場所はなくなってしまった」

その後、A子さんが港区のマンションから都内の別のマンションに引っ越すと、桑原は再び妻の目を盗み、A子さんのもとへ通うようになった。しかし、2021年春、そのことが再び妻の知るところとなったという。

スポンサーリンク

「これを機に、夫婦の仲は完全に終わりました。奥さんとは子どものこと以外、口も利かない、完全な家庭内別居状態になりました。クワさんは周囲に『妻が探偵をつけていた』と諦めモードで話をしており、離婚にむけての準備をはじめました。奥さんは、バンドが有名になる前からずっとクワさんを支えてきた。すぐに離婚届に判を押すことは拒み、離婚の条件として『億』を超える慰謝料や養育費を請求したようで、クワさんはお金をつくるためにあちこち奔走していました。奥さんはA子さんに対しても、彼女のインスタなどの SNSに抗議のコメントを送っていました」(前出・友人)

スポンサーリンク

二人は裏口からA子さんの住むマンションへと入っていった
6月、A子さんは再び、別のマンションへ引越した。そのマンションへ、再び桑原が通うようになったことは言うまでもない。

「文春オンライン」の公式ツイッターにも、今年春以降、港区内のバーで2人でいるところを見たという情報や、桑原がA子さんと都内遊戯施設でデートをしているといった目撃情報が次々と寄せられた。

スポンサーリンク

取材班が、桑原とA子さんのツーショットを初めて確認したのは、冒頭でも記した8月18日のことだ。この日の夜、桑原はA子さんと恵比寿の焼き肉屋で食事デートを楽しんだ。

桑原とA子さんは時間差で店に入った。帽子にメガネ、マスクで変装した桑原は、店を出る際には、周囲の車の中を覗き、誰か見張っている者がいないかを確認するほど警戒していた。店を出て、スーパーで買い物をし、2人で夜道を歩く際も何度も後ろを振り返る。A子さんの自宅マンションに着いた際も、2人はマンションの裏口からはいる警戒ぶりだった。

スポンサーリンク

盟友の野田洋次郎には言い出せず、内緒に…
それから12時間後の翌日の昼すぎ、桑原は、A子さんの住むマンションから、今度はメインエントランスを通って出てきた。そして、翌日にはファンが待つ「FUJI ROCK FESTIVAL’21」に出演したのだった。

「クワさんは『離婚が成立するまではA子とは会わない』と奥さんと約束していたようですが、どうにも“我慢ができなかった”ようで、周囲も正直呆れています。いくら離婚前だからといって、まずは筋を通し、奥さんとの関係について決着をつけないと……。クワさんは、不倫の件については、盟友の野田くんにはどうしても言い出せず、内緒にしているそうです」(前出の友人)

スポンサーリンク

記者の直撃に、桑原は「うわ……おわった」
9月12日の昼過ぎ、桑原はA子さんと共に広尾駅近くのカフェでランチデートを楽しんでいた。取材班は前日も桑原がA子さんのマンションに入ったことを確認している。

店から出てきた桑原とA子さんを取材班は直撃した。

――桑原さん、「文春オンライン」です。

「うわ……おわった」

声かけと共に肩をガックリと落とした桑原。A子さんとの“不倫”について聞くと、「バンドに迷惑かけたくない。明日、必ず連絡するので時間をください」と語った。その後、雑談には応じたものの、A子さんの自宅に妻が押し掛けた件や高額の慰謝料については、曖昧に言葉を濁すだけだった。

スポンサーリンク

A子さんはキョトンとした表情で直撃に答えた
一方のA子さんは桑原と記者のやりとりをやや距離を取って、眺めていた。別の記者が、A子さんに質問をすると、最初は黙っていたものの、記者と桑原が話しをしていることを確認した後、徐々に口を開いた。

――桑原さんとはお泊りする仲?

「……してますね」

――桑原さんと奥さんが離婚のための慰謝料を巡って、もめていることは知っていますか?

「あんまり聞かないようにしてる。奥さんの話は」

――過去に奥さんに(不倫が)バレて、警察沙汰になったのは事実?

「……(頷く)」

スポンサーリンク

――桑原さんと奥さんの話は2人の中でタブーで、しないようにしているのですか?

「しないです、しないです」

直撃後、何度もため息をついた桑原とキョトンとした表情のA子さんはタクシーに乗って、その場を去った。別れ際には桑原は「A子には、配慮してください、僕が悪いので……」と、A子さんのことを気遣っていた。

翌日、記者に直接電話をかけてきた桑原は、「昨日質問頂いたことは、ほぼ事実です」とだけ、か細い声で話したのだった。

「妻が相手宅に押しかけ警察も出動」RADWIMPSギター桑原彰(36)が妻子を置いて20代元モデルと“お泊り不倫”《直撃に本人は「ほぼ事実です」》 | 文春オンライン
新型コロナウイルスの感染拡大により開催の是非が議論の的となった「FUJI ROCK FESTIVAL’21」(8月20日開催)で、人気バンドのRADWIMPSが俳優の菅田将暉(28)と共に「うたかた歌…
スポンサーリンク

うなだれてて草

スポンサーリンク

女、写りたがっとるやんw

スポンサーリンク

92 名無しさん@恐縮です 2021/09/16(木) 16:01:14.85 ID:E7x/Egb60
多屋来夢らしい
かばんと腕につけてるたまごっちが一致とか

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

女は多屋来夢というモデルらしい。かばんと腕につけてるたまごっちが一致とか😅😅😅

コメント