sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【平昌五輪】食にこだわる日本代表団、現地に日本食施設を設置へ

   

【平昌五輪】食にこだわる日本代表団、現地に日本食施設を設置へ

2018年1月25日、新浪体育は、日本の報道を基に「平昌五輪で日本代表は食事にこだわるようだ」と伝えた。

記事は、「日本代表団が平昌五輪でより良い成績を収めるため、日本オリンピック委員会(JOC)は現地に2カ所の食事施設を設置し、某有名食品メーカーが全面的にサポートする」と紹介。この「某有名食品メーカー」とは味の素のことだ。

報道によると、味の素は2003年からJOCのオフィシャルパートナーとなり、選手のために健康で栄養豊かな調理の研究開発を行ってきたと記事は紹介。2016年のリオ五輪からは、選手村近くの土地を借りて選手のために日本料理を提供し、選手たちから好評を得ていた。

日本代表団の山下泰裕強化本部長は、「メダル獲得の原動力になった」と述べており、日本代表団はこの特別サービスを継続し、雪上種目が行われる平昌地区と、氷上種目が行われる江陵地区に、それぞれ日本選手専用の食事施設「G−Road Station」を設置することにした。調理師を含め19人のスタッフを派遣し、日本の食材などを韓国へ持ち込んで、選手のためにカロリー控えめのデザートを含む、種類豊富なおいしい食事を提供する。

注目されている羽生結弦選手については、専門の栄養チームが冬季五輪中のメニューを準備するという。関係者によると、「本人が望むなら『G−Road Station』で食事をすることもできるが、大量のメディアが付いてくるに違いない」と語ったという。

http://www.recordchina.co.jp/b562644-s0-c50.html

がんばれニッポン!たくさんのメダル期待してまっせ\(^o^)/

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット, 食事