sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【どうやって行けば…】韓国の国際空港、平昌五輪会場までの案内板がほとんどなし

   

【どうやって行けば…】韓国の国際空港、平昌五輪会場までの案内板がほとんどなし

北朝鮮にのめり込み、外国人客誘致忘れた? 国際空港に開催地までの案内なし

2月9日の開幕が直前に迫った平昌五輪だが、韓国メディアには成功を疑わせる報道が依然として目につく。五輪期間中に約40万人の外国人観光客が予想されているが、海外との玄関口である国際空港には外国人観光客に平昌五輪をPRする看板や現地への案内など広報物が非常に少ないというのだ。文在寅政権が北朝鮮にのめり込んで北の五輪参加のみに気を使っている一方で、外国人観客の誘致が疎かだという批判が出ている。しかも韓国を訪れる外国人客が激減しているという。文化体育観光省が実施した世論調査で現地に行って応援しようという韓国国民は7.1%しかいない現状で、五輪を中継する米NBCテレビが懸念するスタジアムの空席ばかりが目立つ五輪が現実化しそうだ。

韓国の毎日経済新聞は1月22日、「外国人40万人来る…空港『平昌の準備』寒い」と題し、国際空港での平昌五輪へのPR不足の“お寒い”現状を報じた。仁川国際空港第1ターミナルの到着ロビーには平昌五輪の開催をアピールする看板や垂れ幕が「ほとんど見られない」と指摘。いくつかの柱に広報用の旗がかかっていたが、10メートルの高さでは「外国人観光客の視線を引くのは無理がある」と呆れた。

金浦空港の国際線到着ロビーに関してはさらに深刻で、1階で五輪を紹介する看板などの広報物は「1つも見なかった」という。さらに、平昌五輪の土産物店と広報ブースは3階に設置されているが、「わざわざエスカレーターに乗って、ここまで上がる人は珍しかった」と問題視した。仁川国際空港からバスで五輪開催地までの案内情報を見つけることができなかったという。金浦空港では案内板は韓国語の表記ばかりだったという。

ビジネスで仁川国際空港に到着した40代のドイツ人男性が空港の雰囲気だけで韓国が今回の冬季五輪の開催国だとは分からなかったと素直な感想を述べているのを紹介したうえで、情報を伝達する広報案内が「不足しているように見える」との感想を伝えた。

毎日経済新聞は、大会組織委員会と空港間の情報共有がスムーズな状態でないことを問題視した。組織委は多くの広報物を設置したかったが、仁川国際空港公社からセキュリティーや安全、美観などの理由で持ち込みを制限されたとし、空港側に責任を回していると指摘した。

中央日報によると、2017年に韓国を出入国した外国人は約2696万人で前年より22.2%の大幅減となった。高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の韓国配備の影響で中国人訪問客が半分に減少したのが要因とされる。訪韓者の国別状況では中国439万人(32.4%)、日本233万人(17.2%)、米国96万人(7.1%)、台湾95万人(7.1%)などの順で、その影響は今年1月も続いているという。

韓国の観光学の大学教授は、冬季スポーツの人気が高いのが米国や欧州だが、熱狂的なファンが来るには韓国は距離があると指摘。その上で、「五輪に政治的要素が入ることで国内での関心も変化する」と解説した。

世論調査では韓国国民の約8割が平昌五輪をテレビ観戦すると答えており、組織委員会は外国人観客の誘致に躍起だ。だが、とても外国人観客を迎え入れる態勢が整っているとは言い難い。世界で多数の人が視聴するテレビで観客席に空席が目立つようではビジネス的な損失を生じかねず、五輪放映権を持つ米NBCテレビは組織委を訪れるたびに「観客席にくれぐれも空席がないようにしてほしい」と要望してきたというが、果たして本番はどうなっているか。

http://www.sankei.com/premium/news/180203/prm1802030011-n1.html

成田に長野への案内板がないのと一緒では?

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット