吉本興業 反社会勢力と接触していた芸人を注意…公式サイトで発表

吉本興業 反社会勢力と記念撮影のパンチ浜崎に注意

吉本興業が18日、お笑いコンビ「ザ・パンチ」のパンチ浜崎(38)が「反社会勢力と接触があった」として注意したと、公式サイトで発表した。

公式サイトに「ザ・パンチ パンチ浜崎に関するご報告」を掲載。パンチ浜崎と反社会勢力との接触に関する情報提供があり、パンチ浜崎本人から「昨年、知人の別荘に遊びに行き、海水浴場の海の家で飲食した際、入れ墨の入った複数の男性からビールをご馳走になりました。その御礼を伝えた際に流れで記念撮影に応じたのですが、その後不安になりその場を離れたということがありました」との報告を受けたという。吉本は写真の件に対し「パンチ浜崎に対し、気をつけるように注意を行いました」と報告した。

パンチ浜崎は反社会勢力の会合に会社を通さず参加した“闇営業”問題で先月24日、当面の間、活動を停止し、謹慎処分を受けた。吉本は13日、パンチ浜崎がギャラ3万円を受け取っていたことと、税務修正申告したことを明らかにしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000055-tospoweb-ent

 

sakamobi
sakamobi

>「パンチ浜崎に対し、気をつけるように注意を行いました」と報告した。

小学生かな?😩😩😩

 

コメント