世界の人気プロスポーツリーグランキング 日本勢でトップ10入りしたのは

英調査会社「ユーロモニターインターナショナル」が2018年9月27日、最新の「世界のプロスポーツリーグ魅力指数」ランキングを発表した。

トップ10には4つのサッカーリーグがランクイン。
世界レベルではサッカー人気の高さがうかがえる。
一方、日本のプロスポーツでトップ10入りしたのは、野球だった。

◆ 北米4大プロスポーツがトップ5入り

「魅力指数」は、チケット売上額や観客動員数といった指標からリーグ内の競合バランスといった指標、各リーグを運営する国の経済的及び人口統計学的指標を組み込んで算出している。34か国、81リーグが対象だ。

トップスコアに輝いたのは、「NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)」(83.6)だった。2位以降は「NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)」(75.3)、「MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)」(74.6)、「プレミアリーグ」(71.4)、「NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)」(67.9)と続く。

4位のイングランド・プレミアリーグ以外はいずれも北米のプロスポーツだ。

6位~8位はドイツ「ブンデスリーガ」(61.3)、米「MLS(メジャー・リーグ・サッカー)」(59.9)、スペイン「ラ・リーガ」(59.6)といずれもサッカーリーグがランクイン。

9位に日本の「NPB(プロ野球)」(55.7)が登場した。10位はフランスのラグビーリーグ「トップ14」(55.7)がランクインした。
なお、日本のプロサッカーリーグ「J1」は28位(45.6)だった。

ユーロモニターインターナショナルのスポーツ産業の調査統括部長、アラン・ローナン氏は、この結果に以下にようにコメントしている。
「現時点において北米4大プロスポーツリーグや欧州サッカーのプレミアリーグの優位性は確かですが、今後もこのランキングが普遍的なものとは限りません」

世界の人気プロスポーツリーグランキング 日本勢でトップ10入りしたのは
英調査会社「ユーロモニターインターナショナル」が2018年9月27日、最新の「世界のプロスポーツリーグ魅力指数」ランキングを発表した。トップ10には4つのサッカーリーグがランクイン。世界レベルではサッカー人気の高さがうかがえる。一方、日本のプロスポーツでトップ10入りしたのは、野球だった。

 

>日本のプロサッカーリーグ「J1」は28位

(´ε`;)ウーン…

コメント