【プリンセス駅伝】 走れなくなった女子選手が200m地面をはって進み、タスキをつなぐ

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会である「プリンセス駅伝」が21日、福岡県の宗像市と福津市で行われている。2区で岩谷産業の飯田怜が第2中継所手前から走れなくなり、両手、両膝ではって中継所にたどり着きタスキをつないだ。

2区には3番手でリレーしたが、何らかのアクシデントがあったと見られ、TBSによるテレビ中継で第2中継所の勝浦浜の前から両膝を地面についてはって前に進み始む姿が伝えられた。はって進んだ正確な距離は判然としないが、両膝から血を流しながら中継所にたどりつき、最後尾の27番手ながら3区の今田麻里絵にタスキをつないだ。

プリンセス駅伝では上位14チームに入るとクイーンズ駅伝の出場権を得る。

表示できません - Yahoo!ニュース

女子駅伝で珍事!200m四つんばいでタスキリレー

全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、岩谷産業の第2区・飯田怜(19)が残り約200メートルで走ることができなくなり、両膝を付き、四つんばいになって第2中継所の勝浦浜を目指すアクシデントがあった。

第3区の今田麻里絵は目に涙を浮かべながら、飯田が必死につなげようとしている襷を待った。飯田は膝をすりむきながら進み、なんとか今田に襷をつないだ。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

痛々しくて見ていられない…(;´Д`)

コメント