sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

プレミアムフライデー、導入から1年の現在

   

プレミアムフライデー、導入から1年の現在

「プレ金」1周年 早帰りわずか1割、800社

月末の金曜日に早めの退社を促し、働き方改革や消費拡大につなげる「プレミアムフライデー(プレ金)」が23日、導入から1年を迎える。経済産業省によると、実際に早帰りした人は1割、取り組んだ企業は800社にとどまる。外食など消費への影響も限定的で、普及には課題が残る。

プレ金は昨年2月24日にスタート。経産省が22日発表した会社員ら約2千人を対象にした調査によると、認知度は約9割と高い水準だ。ただ、プレ金当日に通常より早く帰った人の比率は1月までの平均で11・2%、年代・性別で最も比率が高い20代男性でも15・5%だった。早期退社などを行った企業は昨年2月末時点の130社から増えたが、依然低水準だ。

一方、みずほ総合研究所の宮嶋貴之主任エコノミストによると、昨年2〜12月のプレ金当日の消費支出の額を1年前と比べた増減率は「自動車購入などプレ金の影響が及びにくいものに左右されている」という。

累計額は前年同期比4・0%増だったが、自動車購入など「交通・通信」が4・2%増と全体を押し上げ、プレ金の影響が出る外食など「その他」は1・0%減とマイナスに働いた。

https://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/mca180222014.html

月末の金曜に早帰りできる職場なんてそんなにないのでは?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット