sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻

   

北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻

 石川県・能登半島沖約300キロの海域に広がる好漁場「大和やまと堆たい」で、今夏の集中取り締まりによって姿を消していた違法操業船の目撃が再び相次いでいる。

ほとんどが北朝鮮船籍とみられ、これまでより大型の鋼船も増加。海上保安庁などが警戒を強めている。

日本の排他的経済水域(EEZ)内にある大和堆は、暖流と寒流が交わる豊かな漁場だ。昨年9月頃から、周辺海域で違法操業船が目立ち始め、今年7月には、水産庁の取締船が北朝鮮籍とみられる船から銃を向けられる事件も発生。海上保安庁が7月上旬~8月下旬、初の集中取り締まりを実施し、警告に従わない船の周囲に放水するなどして、延べ約820隻をEEZ外へ強制退去させていた。

しかし秋口から、再び侵入が始まった。海保関係者によると、これまでは全長5~10メートルの古い木造船が大半だったが、9月下旬以降は、全長40メートルほどの鋼船も頻繁に現れ、多い日で10隻以上の鋼船の違法操業が確認されたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171029-OYT1T50115.html

カニのシーズンだからかな?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット