【電気グルーヴ】“完オチ”ピエール瀧、聞かれた以上の事も喋る ファンも喋る「周辺で逮捕者以外に死人も2人…」

電気グルーヴ周辺で逮捕者以外に死人も出ていた!? 田坂容疑者逮捕でバレた“アノDJと養殖の半生”

コカインを使用した麻薬取締法違反(使用)容疑で、通称「マトリ」こと関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された電気グルーヴのピエール瀧容疑者が“完オチ”したという情報が入ってきた。

週刊誌記者によると「昨秋から行動確認していたマトリの情報量は凄まじく、観念した瀧容疑者は“聞いたこと以上”のことも喋っているようだ。この手の事件で芸能人が芋づる式で逮捕されることはほとんどないが、今回に関しては大いにありうる」という。今月19日には瀧容疑者にコカインを譲渡したとして通訳業の田坂真樹容疑者が逮捕された。調べに田坂容疑者は「中身がコカインとは知らなかった」と否認しているが、押収した瀧容疑者と田坂容疑者のスマホからはコカイン購入のやりとりが残っていた。

瀧容疑者は石野卓球とともに「電気グルーヴ」を結成。ジャパニーズテクノの先駆者の地位を不動のものとしているが、田坂容疑者の逮捕に驚いたのは何より電気グルーヴのファンだった。同容疑者の夫が電気と親密な「DJ TASAKA」であることが判明したからだ。

「ファンとしては、瀧が卓球にも内緒でコソコソと薬物に手を出していたという構図を望んでいましたが…。TASAKAの名前が出てきて幻滅しました。『めっちゃ身内じゃん!』と。90年代後半から電気周りで薬物が蔓延しているというウワサを耳にしましたが、本当だったのかな!? と疑い始めています」

そう証言するのは古参ファンの男性だ。ネット上ではTASAKA氏が反・安倍政権の集会でDJしていたことから、ネトウヨの標的になっているが「問題は田坂容疑者にコカインを提供した人物。瀧容疑者はその辺りのことも供述しており、いずれ捜査の手が迫ることになる」(警察関係者)という。

電気グルーヴの半生が薬物とともにあったのなら、これほど悲しいことはない。作品に罪はないが、ガッカリなのは「卓球や瀧の個性が“天然モノ”ではなく“養殖モノ”だったと思われてしまうこと」(前出古参ファン)だ。

別の熱狂的なファンはこうも語る。「死人も出ているんです…。電気周りで少なくとも2名が若くして亡くなっています。死因は急性心不全。薬物との因果関係は不明ですが、電気と近しいあるアーティストに関しては当時からオーバードーズ(過剰摂取)説がまことしやかにウワサされていました。瀧容疑者の逮捕で、過去のそうした不審死にも疑念が出始めています」

このほか、電気グルーヴ周辺で大麻や覚醒剤の所持で捕まった者も複数存在するという。いまだ事件について語ろうとしない卓球。ファンの不信感は募る一方だ。

https://tocana.jp/2019/03/post_90111_entry.html

sakamobi
sakamobi

ピエール瀧は20代からクスリ漬けだったのに、卓球が知らなかったと考えるのはあまりに不自然。

コメント