住宅街にあるゴミ置き場の角材が燃える、犯人は・・・水入りのペットボトル。「レンズ」になり太陽光で火

住宅街にあるゴミ置き場の角材が燃える、犯人は・・・水入りのペットボトル。「レンズ」になり太陽光で火

 14日午後2時45分ごろ、北九州市小倉北区今町2丁目の住宅街にあるゴミ集積場で、ネットと捨ててあった角材が燃えているのを近隣の人が見つけて消し止めた。

けが人はなかった。福岡県警小倉北署によると重し用にネットにつけられていた水入りのペットボトルが「レンズ」になり、太陽光で火がついたとみられる。北九州市はこの日晴天が続き、最高気温は今年最も暑い33・9度(小倉南区)を記録していた。

捨ててあった角材燃える 犯人は - ライブドアニュース
ライブドアニュースは、幅広いジャンルのニュースをいち早くお伝えします。わかりやすさ、読みやすさにこだわり、記事の核心をまとめた要約をつけています。

 

猫避けに置いてるやつね。あれ効果ないとか聞いたけど、なんでやめないんだろう。見栄えも悪いのに…

コメント