ピース・綾部、相方の又吉直樹に謝罪 「もう、ひとりでやってください」

スポンサーリンク

ピース・綾部、相方の又吉直樹に謝罪 「もう、ひとりでやってください」

スポンサーリンク

2017年に拠点をニューヨークに移したピース・綾部祐二が1日深夜放送『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演。現況や相方の又吉直樹への本音を漏らし、大きな話題を集めている。

スポンサーリンク

◼ミスターアメリカ・綾部
アメリカンフットボール番組を担当するオードリーがNFL『第54回スーパーボウル』開催地のアメリカ・マイアミにいたため、現地からの生放送となったこの日。ニューヨークから綾部も駆けつけた。

スポンサーリンク

自らを「ミスターアメリカ」と称する綾部だが、渡米から2年経った現在も英語が話せないと告白。

スポンサーリンク

「逆に聞くけど、2年いて英語しゃべって生活してるのと、しゃべれないで生活してるのどっちが凄い? しゃべれずに普通に、問題なく生活してるほうがスゴくない?」と相変わらずの綾部節を披露する。

スポンサーリンク

◼失った笑いのセンス
綾部は「俺の友達は多分1mmも俺のことを面白いと思ってない」と英語が話せないため、面白いトークができないと明かすも、「英語なしで、2年でテキサスのギャングの友達作ってみて」と自身の社交性の高さを主張する。

スポンサーリンク

パーティーに参加するのが日常的なため、「日本の食べ物で言ったら、俺にとってパーティーがお米」と語る綾部にオードリー・若林正恭は「なにその言い方。アメリカ全然面白くないじゃん」と苦笑い。

スポンサーリンク

綾部は続けて「アメリカならドカン(とウケる)」と見栄を張りつつ、「オードリーだから言うけど、多分、相当スキル落ちてる」と自身のお笑い技術の低下を嘆く。「感覚を失ってる。又吉先生、ごめんなさい。どうかもう一人でやってください」と相方に謝罪した。

スポンサーリンク

◼リスナーは高評価
帰国時期は「今のところは決めてない。いまはまだ見てる状況だから」と2年経ってもアメリカを「見ている」状況だと明かした綾部。リスナーからは「結局のところピース綾部はアメリカいって何をやってるんだ?」と疑問の声も。

スポンサーリンク

しかし、「自分でも言ってたけど笑いのセンスがマジで落ちててそこが面白すぎる!」「ピース綾部最高だったから米の国でも頑張って欲しい」「ピース綾部のマシンガントーク止まらん。いちいち面白いから困る」と好意的な意見も多かった。

スポンサーリンク

◼3割弱「海外暮らしに憧れ」
しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の25.6%が「海外での生活に憧れている」と回答した。

スポンサーリンク

海外生活

一定数は海外移住に憧れていると判明している。ニューヨークに憧れた綾部もその1人だろう。2年が経ち、これからも憧れの地に立ち続けると決意する綾部をファンは応援しているはずだ。

https://sirabee.com/2020/02/02/20162249136/

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

又吉が芥川賞とって綾部が迷走したイメージ。お笑い道から先に外れたのは又吉のほうだからな😩😩😩

コメント