【朗報】元AKB「ぱるる」、開催したファン旅行の様子が話題に!塩対応をついに卒業

元AKB「ぱるる」が開催したファン旅行 “塩対応”から転向

 上は頭が固いし、下はサボって働かない。「こんな会社辞めてやる!」と、簡単には啖呵を切れないのが我ら凡人の哀しい性。組織を飛び出し、独立して食っていくほどの自信はなく、終生、宮仕えに甘んじる。「ピン」で糊口を凌(しの)ぐのは生半可なことではない。アイドルとて事情は変わらず……。

***

「うおおおおお~っ!」

10月12日12時過ぎ、福岡市の海鮮料理屋の2階座敷。昼食を取っていた約130名の参加者から地鳴りのようなどよめきが上がった。「彼女」が姿を見せたのである。なかには、

「今日の『ぱるる』のファンサービスは半端ない。AKB時代の握手会では実質ひとり6秒くらいしか彼女と話せなかったのに、今日は4分もぱるるを至近距離で見られた!」

と、感涙に咽(むせ)び泣かんばかりの20代の女性参加者もいたほど。こうして「ピン」となって初の、「ぱるる」こと元AKB48島崎遥香(はるか)(24)によるファンクラブ旅行は幕を開けたのだった――。

「選抜総選挙」で7位にまで上り詰めたことのある島崎の売りは、何と言っても「塩対応」にあった。愛想がなく、素っ気ない。時にファンを鬱陶(うっとう)しがる。そうした「しょっぱい対応」が、逆にアイドルらしからぬキャラとして受けてきた。そんな彼女も一昨年の大晦日をもってAKBを卒業。つまり組織からの独立を果たしたわけだ。しかし、「束売り」の頃はそういったキャラも「大勢のメンバーのなかのひとつの個性」として通用したが、「バラ売り」では厳しかったようで、

「最近、露出が減り、地上波ではドラマにゲスト出演したりする程度」(アイドルウォッチャー)

という苦境に立たされていた。そこで、栄光を取り戻すにはまず足場固めと考えたのか、今回、10月12日から2泊3日のファンクラブ旅行が開催されたのである。

チーママ「ぱるる」見参

「東京発着コース」でひとり部屋宿泊の場合、お値段19万円という旅行の目玉は、湯布院や阿蘇といった九州の名所をファンがバスで巡るなか、要所で本人が現れる「サプライズ生島崎」。例えば初日の夕方、参加者が長さ390メートルの九重(ここのえ)“夢”大吊橋(大分県)を歩いて渡ると、島崎が待ち受けていて、

「ぱるる自らスタンプラリーのスタンプを押してくれました。130人全員分です!」(参加者のひとり)

また、杖立(つえたて)温泉(熊本県)のホテルでの夕食後には、

「わざわざピンク地の浴衣に『衣装替え』したぱるるが、私たちひとりずつと写真撮影をしてくれた!  超感激‼」(同)

こうしたファンサービスもあってか、撮影会後に行われた「島崎グッズ」販売会では、

「百均で売っているようなオリジナル歯ブラシセット(1500円)なんかが飛ぶように売れていました」(同)

さらに2日目、霧島(鹿児島県)のホテルでの夕食後には、

「宴会場にカラオケセットが運ばれてきて、ぱるるがファンとのデュエットに付き合ってくれたんです!  超激レア体験‼ それも6曲も!!!」(同)

その場面では、中年太りの男性が「ロンリー・チャップリン」を歌う傍らで、

「さすがに世代的に曲がよく分からず歌えなかった島崎が、笑顔で必死に合いの手を入れ、盛り上げようと努めていました」(別の参加者)

場末のスナックのチーママを髣髴(ほうふつ)させるミゴトなファン奉仕。その上、

「宿泊部屋に、ぱるるから直接電話が掛かってきた人もいた。羨ましい!」(同)

なんと、ぱるるからトゥルルの生電話サービスまで行われたのだ。

「結局3日間で、私は『生ぱるる』を10回近くも見られた。その度に、ぱるるは歌ったり、笑いを取ろうとしたり頑張っていました。彼女も大人になったってことでしょうね~」(同)

以上、キャラだった「塩対応」をかなぐり捨て、「神対応」に転向したアイドルの旅行記。ピンで食っていく者の悲哀が漂い……。

往時のぱるるは遥(はる)かなりけり。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

大人になったんやな…これからのぱるるには期待大や!👍

コメント