【衝撃】パナソニック、内定者を自サツに追い込むパワハラ「SNSに毎日ログイン、書き込まない人は辞退してください、邪魔です」

スポンサーリンク

内定者にSNSで「辞退して。邪魔です」 入社前に自殺

スポンサーリンク

就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受け、大学4年の男子学生(22)が入社2カ月前にみずから命を絶ったとして、遺族の代理人弁護士らが9日、記者会見した。人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。

スポンサーリンク

会見した川人博弁護士によると、死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。人事課長(当時)は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。

「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」

「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」

スポンサーリンク

川人弁護士によると、18年7月ごろから人事課長がSNSに投稿するこうした言葉で次第に追い込まれていった。書き込みが少ないといった理由で内定者をSNSから排除したり、「無理なら辞退してください、邪魔です」などと内定辞退に言及したりしたほか、「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。

スポンサーリンク

男子学生は2019年1月以降、就職について迷いを口にするようになり、同年2月に自殺したという。直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。当時22歳の大学4年生で、同年4月に入社する予定だった。弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。

スポンサーリンク

職場でのパワーハラスメントをめぐっては、職場でのパワハラへの対応を企業に義務づける「パワハラ防止法」が昨年成立し、6月に大企業で施行される。同法の付帯決議では、雇用関係のない就職活動中の学生などへのハラスメントについても対策を求めている。

スポンサーリンク

川人弁護士は「人事担当者と内定者という強い上下関係のもとで、内定者は常に人事課長の監視下に置かれ、緊張状態のままプライベートを過ごさなければならなかった」と悪質性を指摘。会社に対し、遺族への謝罪と損害賠償のほか、関係者の厳正な処分や再発防止の取り組みを求めるという。

スポンサーリンク

パナソニック産機システムズは、「採用担当者により、行き過ぎた指導が行われていたことは事実。男子学生の自殺の動機についても一部責任がある」と認めた。「今後も遺族に対し、真摯(しんし)に対応していく」としている。再発防止に向けては昨年8月「社内風土改善推進室」をつくり、内定者が相談できるハラスメント相談窓口を新設した。すでに内定者によるSNS交流は中止し、メールマガジンの発信のみにしているという。

http://kanasoku.info/articles/131668.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

スーパーブラックやな😠😠😠

コメント