sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

パチンコ店舗数全国図がコレ!日本一「パチンコ」が盛んな県が判明

   

パチンコ店舗数全国図がコレ!日本一「パチンコ」が盛んな県が判明パチンコ店舗数全国図がコレ!日本一「パチンコ」が盛んな県が判明

なぜ? 日本一「パチンコ」が盛んな鹿児島県の地域性

日本のいたるところにあるパチンコ・パチスロ店。駅前の一等地に出店しているのをみると、さぞ羽振りがよさそうに見えるけれども、市場規模は20兆円を切り、遊技人口は減少している。
当然のことながら店舗数も減少傾向にある。1990年に全国で1万6704あったパチンコ・パチスロ店は、2013年に1万1893まで減少。23年間で約29%もなくなった計算だ。

地方は繁華街もテレビCMもパチンコだらけ?

一方で「地方に行ったらパチンコホールが多いのにビックリ」「深夜のテレビはパチンコのCMがひたすら流れる」という声もある。地方は大都市圏ほど娯楽施設が揃っておらず、ヒマつぶしに来店する人が多いという指摘がある。それでもネットやスマホゲームの登場で、20~30代のパチンコ離れは止まらないようだが。

Jタウンネットは、全日本遊技事業協同組合連合会が公表している「平成25年度 遊技場店舗数、遊技台数一覧表」をもとに、都道府県ごとの「遊技場」――パチンコ・パチスロ店の数を調べた。

ベスト3を占めたのは、宮崎・鹿児島・大分の九州組。この3県は、店舗数でもそろって全国トップクラスなのは先に示した通りだ。また上位県の1つである高知は、海を隔ててお隣に位置する。公営ギャンブルが少なかったこと(鹿児島、宮崎)や、繁閑の差が激しい漁業関係者の多さ、はたまた「県民性」に理由を求める向きもあるが、その真相は定かではない。

沖縄はパチンコよりパチスロ

ちなみに人口10万人当たりの店舗数・台数で、ともに全国最下位だったのが沖縄だ。米軍統治下時代が長く、県内には公営ギャンブルがないし、パチンコ店が拡大するようなことはなかった。また鉄道が走っていなかったため、駅前にパチンコ店が進出する環境もなかった。

もう一つ沖縄が異なるのは、パチンコよりもパチスロの方が支持されていることだ。

全国の遊技台は、パチンコ台が300万9314あるのに対し、パチスロ機は160万2148。前者の方が圧倒的に多い。
ところが沖縄はパチスロ機が58.1%のシェアを占める。沖縄向けに製造された機械を「沖スロ」と呼ぶくらいだ。コインの大きさが本土のものよりも大きいなど、独特の仕様が施されている。

http://j-town.net/kagoshima/column/gotochicolumn/202594.html?p=all

田舎行ったらパチンコ以外娯楽のないところも多いし責められないよな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット