【悲報】小山田の曲を使わない宣言した日本政府、とんでもない代案を思い付いてしまう

スポンサーリンク

小山田氏辞任で開会式の楽曲は使用せず「もうバッハでいくしかない」と官邸筋〈dot.〉

スポンサーリンク

開幕まであと3日となった東京五輪・パラリンピックで、またも大どんでん返しが待っていた。大会組織委員会に激震が走ったのは、7月19日午前―-。

過去に雑誌で障がい者の同級生をいじめていた過去を告白し、大炎上した五輪開会式作曲担当のミュージシャン、小山田圭吾氏が「辞任したがっている」との情報が寄せられたという。

「当初、組織委の橋本会長、武藤事務局長はもとより、官邸も『謝罪で幕引き』という安易な発想でいました。あと4日しかないんだし、辞めさせるなんてもってのほかだと。批判が高まっても辞任などまったく想定していない状態でした。だから、『本人が辞めたがっている』と一報が入ると、関係者に動揺が走りました」(組織委関係者)

スポンサーリンク

しかし、丸川珠代五輪担当相は「承知していない」「組織委と東京都がお決めになること」といつもの常套句を繰り返し、当事者意識はゼロ。

「武藤事務総長は『このタイミングでもあるので引き続きやってもらう』と言い、橋本会長も思考停止していて問題を人ごとのようにスルーしていました」(同前)

問題発覚以降も留任し続けてきた組織委の武藤事務総長は同日夜、小山田氏の辞表を受理した経緯を以下のように発表した。

「小山田氏の行為は断じて許されるものではないと考えますが、先日、本件についての反省とお詫びを受け入れ、開会式が迫っているなか、引き続き準備に努めていただくと表明しました。これは誤った判断であると考えるに至り、辞意を受け入れることにいたしました」

スポンサーリンク

小山田氏は開会式担当の4人の作曲家の1人。開会式オープニング映像とともに流れる4分の音楽を担当したという。組織委は小山田氏が作曲した曲は「開会式では使用しない」と明言した。

「今回の小山田氏の辞任は官邸主導とメディアで盛んに報じられていますが、実際は官邸も組織委も危機感の希薄さは同じようなものでした。本人の意思が強かった。官邸主導などと胸を張って言えるものではなく、むしろ指導力不足が露呈しただけです」(官邸周辺者)

しかし、開会式まであと3日しかない。この先、どうなるのか。

「小山田氏の辞任で穴が空いた4分間の楽曲について、官邸の一部では『クラシック、もうバッハでいくしかないだろう』などとアホな会話が飛び交っています。バッハは敬意を込めてIOCのバッハ会長とかけたものです(笑)。五輪問題に限らずですが、官邸は世の中の意識とかなり乖離していますね」(政府関係者)

スポンサーリンク

当初、結成された開会式の狂言師の野村萬斎さん、椎名林檎さんら7人のクリエイティブチームは、開催延期もあってすでに解散している。SNS上では松平健さんの「マツケンサンバ」、氷川きよしさんの「東京音頭」などの待望論が出ている。

「本当に呪われた五輪です。コロナ前からあれこれと問題は起こりましたが、1年前の安倍前首相による1年延期の決断がすべての元凶です。本当にやることなすこと驚くほど上手くいかないです」(同前)

小山田氏が「いじめ加害者だった」と告白した記事を約26年前に掲載したカルチャー雑誌『クイック・ジャパン』の出版元・太田出版も19日、謝罪声明を公式サイトで発表した。謝罪声明は岡聡社長名義で出され、「表現方法、記事の影響についての思慮そして配慮が足らないままに世に出たことにより被害者の方をはじめ多くの方を傷つけたことを深くお詫びします」などと記されていた。

これ以上、世界中で赤っ恥をかかぬよう開会式が無事に終わることを祈るばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92099d899675652136f92918e7cfcb8c56a9a11c?page=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ヤケクソ開会式🥴🥴🥴

コメント