【悲報】車が横断歩道で一時停止する割合の全国平均8・6%…長野県が58・6%で1位!その理由とは

横断歩道で一時停止する車が多いのは、子どもたちがお礼をしてくれるから?―。
佐久市総合教育会議は13日、市役所で開き、信号機のない横断歩道で歩行者が渡る際に
一時停止する車の割合が、都道府県別で長野県が最も高かったという日本自動車連盟(JAF)の
調査結果について意見交換した。歩行者の子どものマナーが良いことが影響しているのでは、との見方が出た。

調査では車が一時停止した割合は長野県が58・6%で、全国平均が8・6%にとどまる中、突出して高かった。

これに対し、佐久市の市長、教育長、教育委員による総合教育会議では、横断歩道を渡るときの実感として「とても58・6%も止まってくれない。本当か」といぶかる声も出た。

一方、会議では市内の通学風景を撮影した動画を上映。手を挙げて横断歩道を渡った小学生が、一時停止の車にぺこりとおじぎする姿がとらえられ、「『ありがとうございました』と言う子どももおり、ドライバーも気持ちがいい。ちゃんと止まろうとモラルが高まる」との意見が出た。
ただ「車が止まるのは当たり前。お礼を言うのはどうなのか」との指摘もあった。

信毎webは信濃毎日新聞社が運営するニュースサイトです。信濃毎日新聞掲載の政治・経済・社会・スポーツ分野の主要な信州・長野県内のニュースを提供しています。
信濃毎日新聞がお届けする信州・長野県のニュース

 

>「車が止まるのは当たり前。お礼を言うのはどうなのか」との指摘もあった。

それはおかしいやろ(;・∀・)

コメント