歩行者のいる横断歩道で止まらない車、警察が全力で摘発開始

歩行者妨害90件を摘発 県警 横断歩道ルール啓発
[2018/12/08]

11月22日から7日間実施した横断歩道に関する交通ルールの啓発強化で、群馬県警は7日、歩行者が横断歩道を渡るのを妨げたなどとして、道交法違反(横断歩行者妨害)の疑いで90件を摘発したと明らかにした。

県警は期間中、県内の主要道路や事故が多い地点で、信号機がない横断歩道59カ所を重点箇所に選定し、指導取り締まりを強化した。

お探しのページは見つかりませんでした|上毛新聞ニュース
上毛新聞社のニュースサイト。群馬県内の社会・政治・経済ニュースから、スポーツ、特集・連載、文化・イベント情報、天気予報、選挙速報、高校野球まで幅広く掲載しています。

関連
横断歩道 車9割止まらず JAF調査結果 歩行者優先 意識低く
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/91349

横断歩道で止まらない車は9割以上―。歩行者が信号機のない横断歩道を渡ろうとしている状況で一時停止した車の割合が、群馬県内では5.8%にとどまり、
94.2%の車が止まらずに通り過ぎていたことが、日本自動車連盟(JAF)の調査で8日までに分かった。全国の一時停止率は8.6%だった。
歩行者が死亡した県内の交通事故では、道路横断中の事例が7割を占めるなど、歩行者優先の意識の低さが事故に直結している可能性がある。

◎停止率上位は中部地方に集中 違反は2点減、罰金9000円

調査は8月15日~9月13日、各都道府県でそれぞれ2カ所ずつ抽出した横断歩道計94カ所で実施した。
地域ごとに一時停止率にばらつきがあり、最も低かったのは栃木の0.9%で、広島1%、三重と和歌山の1.4%と続いた。
一方、最も高かったのは長野の58.6%で、静岡39.1%、石川26.9%の順だった。

 

一般的によく言われる県民性(教育水準・民度)とおりのランキングになってるのが興味深い。

コメント