sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【朗報】男の妊娠&出産、明日にでも可能になるらしい

   

【朗報】男の妊娠&出産、明日にでも可能になるらしい

【朗報】「男の妊娠&出産、明日にでも可能になる」米医師が学会で発表!“技術的に何ら問題ない”衝撃手法とは!?

LGBTへの理解と受け入れが進む昨今だが、男性から女性になったトランスジェンダーにも越え難い壁がある――それは妊娠・出産だ。しかし昨今の医療の進歩は男性の妊娠を今すぐにでも可能にするという。

■現在の移植医療技術で「男性に子宮を移植できる」

2012年にオーストラリアで腹部に人工子宮を埋め込んだ男性の“妊娠”に成功したことが報じられて大きなニュースになった。とはいえこの“人工子宮”は常に各種の機器に繋いだ状態でないと機能しないもので、普通のカップルにとって現実味を欠いた手段であることは否めないだろう。

元の身体が男性のトランスジェンダーの一部にとっての夢である妊娠・出産だが、アメリカ生殖医学会の医師によれば男性の妊娠・出産はすぐにでも可能であるというから驚きだ。男性への子宮の移植は難しいことではないと主張しているのである。

先ごろ米・サンアントニオで開催されたアメリカ生殖医学会の学会で、リチャード・ポールソン医師はその気になれば明日にでも男性への子宮移植が可能であることを報告している。

明日にでもそれが可能です。ちょっとしたチャレンジにはなりますが(男性への子宮移植に)なんら技術的な問題はないと見ています」(リチャード・ポールソン医師)

ポールソン医師は男性の身体には臓器として子宮を加えられる余地がじゅうぶんにあることを力説しているのだが、もし移植したとしてもやはり自然な受精と分娩は無理であり、人工受精と帝王切開を伴うものになるということだ。そして妊娠期間中は女性ホルモンの投与が前提になるという。

「私は個人的には、子どもを生んでみたいと考えるトランスジェンダー女性は子宮移植を望む可能性が高いと考えています」と発言するポールソン医師。移植医療のめざましい進歩が“男性の出産”をすでに技術的に可能にしているのというのである。

■子宮を移植した母体から子どもが8人生まれていた!

女性への子宮移植は2014年に初めて成功している。生まれつき子宮を持たない36歳の女性が、友人の60代の女性から子宮の提供を受けて移植手術に成功。その後無事に赤ちゃんを授かったのだ。現在は世界中で8人の子どもが子宮移植した母親から生まれているという。

今回の会議ではほかにもトランスジェンダーの生殖能力に関する意識の欠如が強調され、トランスジェンダー手術の前に生殖能力の温存措置を受ける患者はごくわずかであることが指摘された。トランスジェンダーの男性(身体的には元女性)20人を対象に実施された最近の調査によると、手術前に将来のために卵子を冷凍保存している者は1人もいなかったということだ。

「トランスジェンダーの人々は、生殖能力の温存が選択肢にあると知っておくことが重要です。妊娠・生殖能力を温存しておく治療措置は広い範囲に活用できることを、医師の世界のみならず広く一般社会における周知が求められています」と新たにアメリカ生殖医学会の代表に選出されたクリストス・コウティファリス医師は語る。

トランスジェンダーの人々にも子どもを残す手段がいろいろあることが指摘されることになった今回の学会であったのだが、一方でトカナ的には必ずしも身体に移植しない“人工子宮”の研究開発にも注目していきたい。

http://tocana.jp/2017/11/post_15012_entry.html

近い将来、男性の出産がニュースになるのかなぁ(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット