sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

押切もえの小説が山本周五郎賞にノミネート

   

押切もえの小説が山本周五郎賞にノミネート

第29回三島由紀夫賞、山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)の候補作が21日に発表された。三島賞候補にフランス文学者の蓮実重彦さん(79)の「伯爵夫人」(「新潮」4月号)など5作が、山本賞候補にファッションモデル押切もえ(36)の「永遠とは違う一日」(新潮社)など5作がノミネートされた。

蓮実さんは元東大学長で映画評論家、文芸評論家としても知られる。三島賞を受賞した場合、最高齢となる。押切は「CanCam」の専属モデルなどとして活躍してきたが、2013年に初の小説「浅き夢見し」を発表、「永遠-」は初めて文芸誌に発表した作品。

選考会は5月16日、東京都内で開かれる。

その他の候補作は次の通り(敬称略)。

【三島由紀夫賞】いしいしんじ「悪声」(文芸春秋)▽山下澄人「鳥の会議」(河出書房新社)▽三輪太郎「憂国者たち」(講談社)▽亀山郁夫「新カラマーゾフの兄弟(上下)」(河出書房新社)

【山本周五郎賞】湊かなえ「ユートピア」(集英社)▽中田永一「私は存在が空気」(祥伝社)▽宮内悠介「アメリカ最後の実験」(新潮社)▽相場英雄「ガラパゴス(上下)」(小学館)

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1635258.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

 - ニュース, 芸能