【朗報】大阪なおみさん、棄権から大勝利へ

スポンサーリンク

大坂、全仏テニス棄権 2018年全米以降のうつを告白

スポンサーリンク

女子テニスの大坂なおみ(23)=日清食品=が5月31日、自身のツイッターで四大大会第2戦の全仏オープン(パリ)のシングルス2回戦を棄権すると表明し「2018年の全米オープン以降、長い間うつに悩まされてきた」と告白した。30日の1回戦で勝利後の記者会見を拒否し、四大大会の主催者側からは厳罰もあり得ると警告を受けていた。

スポンサーリンク

大坂は選手の精神状態が軽視されていると訴え、開幕前に全仏で記者会見に応じない意向を表明。会見拒否で罰金1万5千ドル(約165万円)の処分を科され、違反が続けば全仏で失格、他の四大大会で出場停止となる可能性があった。「大会や他の選手、自分の健康にとっての最善は、みんながテニスに集中できるように私が棄権することだ。決して邪魔になりたくはなかった」と決断の理由を明らかにした。

スポンサーリンク

2月の全豪オープンで2度目の頂点に立った第2シードの大坂は、「少しの間、コートを離れるが、時期が来たらツアーと協力して選手、報道機関、ファンにとってより良いものにするための方法を話し合いたい」とつづった。

https://www.sankei.com/article/20210601-B26DVJ4STRN2XLT3XTVBOWUP3I/

スポンサーリンク

— ジル・モレットン(FFT会長)のコメント

“何よりもまず、大坂なおみ選手には申し訳なく、悲しく思っています。
ナオミがローラン・ギャロスを辞退するという結果は残念なことです。
私たちは、大坂選手が一日も早く回復されることをお祈りするとともに、来年の本大会に直美選手が参加されることを楽しみにしています。
“私たちは、すべてのグランドスラム、WTA、ATP、ITFと同様に、すべてのアスリートの健康を第一に考え、メディアを含めた大会でのプレーヤーの体験をあらゆる面で改善していきます。
– ジル・モレットン(FFT会長)のコメント

下記URLから一部抜粋、翻訳
https://www.rolandgarros.com/en-us/article/statement-from-roland-garros

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

黒人です
アジアンです
鬱病です

すまん、これに勝てる奴おる?🥶🥶🥶

コメント