sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【テニス】大坂なおみがかわいそう 米メディア「全米テニスがしたことは恥ずべきこと」

   

◆テニス 全米オープン第13日 ▽女子シングルス決勝 大坂なおみ2―0セリーナ・ウィリアムズ(8日、米ニューヨーク)

女子第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、日本勢初の4大大会シングルス制覇を果たした。
決勝で元世界女王セリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=をストレートで撃破。
日本勢が4大大会に初出場してから102年、ついに歴史を動かした。

圧倒的アウェーの雰囲気での大一番で、大坂は「走らないといけない覚悟はできていた」と足を動かし、相手のパワーに負けず返球を続けた。
第1セット第3ゲームでブレイクした直後。「いいリターンが来るのでサーブが大事」と気を引き締め直し、緩急やコースを使い分けて主導権を握った。

第2セットはいらだつセリーナがラケットをコートにたたきつける荒れた展開。4―3の第8ゲームは3度目の警告によってプレーせずに大坂が取った。
怒るセリーナを後押しするブーイングが起き、異様な雰囲気が漂っても「彼女はどんな状況でも盛り返してくる。自分に集中」と乱されなかった。

表彰式では「みんなセリーナを応援しているのは分かっている。こんな結果になってごめんなさい」と勝者らしからぬ言葉を発して涙した。

全米オープン女子シングルス決勝で大坂に敗れたセリーナ・ウィリアムズの主審に対する抗議や、それを甘受した観客や大会関係者を米メディアが酷評。
「全米テニスが大坂選手にしたことは恥ずべきことだ」などと批判する記事を一斉に掲載した。

9日付の大衆紙ニューヨーク・ポストは作家モーリーン・キャラハン氏の論評を掲載。
表彰式で観客が大坂にブーイングし、全米テニス協会の会長が「私たちが求めた結末ではなかった」
「セリーナは王者の中の王者」と述べるなど、勝者を侮辱するような対応をしたと指摘した。

セリーナも大坂をきちんとたたえなかったなどとし「これほどスポーツマンシップに反する出来事は記憶にない」とこき下ろした。
一方で「キャリアが始まったばかりの若い大坂選手は、コートの内外で闘志や決意、成熟ぶりを示した」と称賛した。

同紙の別の記事は「ウィリアムズの自己崩壊」と表現。表彰式で泣き続けた大坂にとって「覇者として純粋な喜びの瞬間であるべきだった」と指摘した。
ニューヨーク・デイリーニューズ紙も「セリーナのラケット(破壊行為)が大坂を祝福すべき時を奪った」との記事で、主審に謝罪を迫ったセリーナに対し「謝罪を受けるに値するのは大坂だ」と断罪した。
ニューヨーク・タイムズ紙は「涙に染められた大勝利」の見出しで「怒りとブーイングと涙が大坂なおみの素晴らしい勝利を曇らせた」と解説した。

◆大坂なおみ

▼生まれ&サイズ 1997年10月16日、大阪市。180センチ、69キロ。右利き。両手バックハンド。現在はフロリダ州ボカラトン在住。日本と米国の二重国籍だが登録は日本。

▼家族 幼少期からコーチ役だったハイチ出身米国人の父、レオナルド・フランソワさん、日本人の母・環(たまき)さん、姉でプロ選手・まり(22)。

▼テニス歴 3歳のとき、大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで始める。01年に父の仕事の関係で米国に移住。14歳からプロツアーを転戦。

▼今までの最高成績 3月のBNPパリバ・オープン優勝。世界1位のハレプ(ルーマニア)らを連破し、日本女子初の4大大会に次ぐ格付け「プレミア・マンダトリー」大会制覇。

▼趣味 買い物。日本の漫画、アニメが好きで日本語学習にも役立てる。

▼験担ぎ 今大会の朝食はずっとサーモンベーグルで、毎日同じテーブルで食べていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000254-sph-spo

 

佐藤琢磨がインディ500で優勝したときも同じような感じやった。差別にまみれたアメリカ人の本質がよく分かるというもの。

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット