sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【韓国人の顔になれる】「オルチャンメイク」に日本女子が夢中なワケ。でも本国ではもう流行ってません

   

韓国美人に寄せる「オルチャンメイク」に日本女子が夢中なワケ

「韓国人の顔」になれるメイクが大流行中!

こんにちは。女子大生マーケターのもーちぃです。最近私の周り、というか10代女子を中心に「オルチャンメイク」というものが流行しています。オルチャンメイクとは簡単に言えば、韓国人の顔に自分の顔を寄せるメイクです。

もともとは、韓国好きの一部の女子がやっている個性的なメイクでしたが、今、オルチャンメイクはメディアでも頻繁に取り上げられるほど人気です。特にティーン向けの雑誌ではオルチャンメイクについての記事は必ずと言ってもいいほどあり、特集が組まれることも多いです。絶対嘘じゃんと思う方もいるかもしれませんが、これがマジな話で私の周りにもたくさんオルチャン女子がいます。

「オルチャン」は韓国では死語

オルチャンメイクが韓国人顔に寄せるメイクと先ほど紹介しましたが、そもそも「オルチャン」とは韓国の造語で「顔が最高にいい」という意味です。日本で大流行中のオルチャンですが、韓国でこの言葉が流行ったのは2003年ごろとかなり前で、今では完全なる死語です。

現在、日本の10代女子は「オルチャン」の持つ本来の意味を無視し「韓国っぽい」というニュアンスで使っています。なので、「オルチャンメイク」は「韓国っぽいメイク」というニュアンスになります。

辞書に載っているわけではないので、正確な意味は分かりませんが、「オルチャン」が「韓国」という意味を含めて日本で使われていることは間違いなく、最近では韓国っぽい服や韓国ブランドのアイテムを使ったファッションを「オルチャンコーデ」や「オルチャンファッション」と呼ぶことも多いです。

常に韓国文化と共にあった幼少期

実は私もオルチャンメイクやオルチャンファッションを楽しむ「オルチャン女子」の一人です。小学2年生の時(当時冬ソナブーム真っ只中!)に韓国カルチャーが集まる街、新大久保に引っ越してきたこともあり、私自身韓国という国に興味を持ちはじめ、サムギョプサルやタッカンマリなどの韓国料理、Super Juniorや少女時代といったK-POPアイドルにもハマりました。

その中でも私がもっとも関心を寄せていたのが韓国コスメです。当時、自分のお母さん世代がアンチエイジングには韓国コスメがいい!とか、チェ・ジウの使っていたファンデーションがいい!とか盛り上がっている中、中高生にも韓国コスメはプチブームになっていました。その頃私は小学生でしたが、姉の影響で韓国人の学生に人気な安いコスメの存在を知りました。

しかし、当時新大久保にあったコスメショップはどれもお母さん世代向けばかりで、お店に入れば韓国人のアジュンマ(=おばさん)店員にそばにくっつかれて半ば強引に購入させられるお店が多いイメージだったので、実際にお店で試すことはできずネットで情報を調べていました。当時はブログカルチャーが盛り上がっていた時代だったので、韓国コスメを使った感想が書いてあるブログをよく読んでいました。

オルチャンとの出会い

2013年頃、読み漁っていたブログの中で「オルチャンメイク」について書かれたものに出会いました。そのブログではオルチャンメイクは韓国で流行っているメイクということや、韓国人のメイクの特徴などが書いてありました。当時言われていたオルチャンメイクの特徴は、「眉毛は山がなく平行である」「アイラインは黒で長く太い」「涙袋がぷっくりしている」「唇の色は赤」というもの。

そのメイクは日本人の女優がしているメイクでも、ギャルがしているメイクとも違う……まったく目にしたことがないメイクでした。私は若干びっくりしましたが「これが韓国人のメイクなのか! かわいいかも!」と思ったことを覚えています。

実際には当時韓国で流行っていたメイクではなく、当時からさかのぼること10年前、2003年に韓国で流行ったメイクでした。そんなことも知らず、それから私はオルチャンメイクを試すようになるのですが、やっている人が少ないので「なにその変なメイク!」と親に言われオルチャンメイクで出かけることは控えるようにしてました。

2017年「韓国=カワイイ」でオルチャンメイクが流行

オルチャンメイクはそれからしばらく、一部の韓国好きがやっているちょっと個性的なメイクとして位置づけられていました。が、なんと2017年空前のオルチャンメイクブームがやってきました。「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれた年でもある2017年、韓国のコスメやファッション、カフェなどがとにかくかわいいと話題になり「韓国=カワイイ」という方程式が10代を中心に広まりました。

そんなカワイイが集まる国、韓国で主流のメイクとしてメディアで取り上げられるようになったのがオルチャンメイクです。

常に可愛いものに囲まれている韓国人(あくまで日本人が抱くイメージ)に対して憧れを持ち、韓国人になりたい!という女子が急増したため、オルチャンメイクは一気に広がっていきました。韓国ブランドのコスメを新大久保に買いにくる女子は多く、冬ソナブームの時とは全く違う年齢層の観光客が平日、週末関わらず押し寄せるようになっています。

2017年のオルチャンメイクは2013年頃に少しだけ話題になったオルチャンメイクから進化を遂げているのか?というと、なんら進化していません。若干ナチュラル寄りになっている気もしますが、相変わらず「眉毛は山がなく平行である」「アイラインは黒で長く太い」「涙袋がぷっくりしている」「唇の色は赤」という特徴から大きく外れることはなく、2003年に韓国で流行したメイクが今も幅を利かせています。

韓国人から見たオルチャンブーム

2003年に流行ったメイクを日本人が「韓国風メイク」や「韓国人顔になれるメイク」として取り上げていることに韓国人自身はどう思っているのでしょう。私が仕事で出会った、韓国でオルチャンが流行った時代に中学生だった韓国人女性は、「ただただ不思議、奇妙」と話してくれました。

彼女によると、オルチャンはメイクの名前ではなく「顔が最高にかわいい状態や人」を表す言葉であって、言葉自体が大流行した記憶はない。日本を歩いていると当時を思い出すような古いメイクをした日本人がたくさんいてタイムスリップしたような気分、とのことでした。

現在の日本でのオルチャンメイクブームを奇妙に思っている人は彼女だけではないようで、韓国で人気の美容系YouTuberが「日本であの頃のメイクが流行っているらしい!(笑)」というような動画を投稿していたり、日本人向けにオルチャンメイクをレクチャーするため「私が大昔やっていたメイクを再現します」という内容の動画を投稿しています。

日本に置き換えて考えてみた

約15年も前に流行っていたメイクが海外で流行っているというのはどんな感覚でしょうか。2003年、日本では白い肌に金に近い髪色をした「白ギャル」が登場した頃で、浜崎あゆみが10代のカリスマ的存在で雑誌の表紙などに登場していました。

例えば、この表紙のモデルがしているメイクが今、海外で「日本で人気のメイク」として突如流行しはじめたと聞いたら、誰もが奇妙に思いますよね。しかも、このメイクを海外の雑誌が特集を組んで取り上げ「日本人の顔になれるメイク!」なんてタイトルが付いていたら違和感どころではなく、驚いてしまうはずです。

この例えは大げさかもしれませんが、韓国人が今、日本のオルチャンブームに対して持っている感覚はこの例えに近いものなのではないかと思います。

ステレオタイプ的な「韓国」がブーム

日本でオルチャンという言葉を使って表されている「韓国っぽい」とはステレオタイプ的であると言えるのではないでしょうか。実際に韓国で人気のメイクが今、日本で流行っているオルチャンメイクとは異なっていることを知らずにオルチャンメイクをしている日本人は、実はそこまで多くないように思います。

韓国人のアイドルやYouTuberをチェックしている日本人は多いので、普段から本当に韓国人がやっているメイクは目にしているものの、韓国っぽいメイクとして思い浮かぶものは、オルチャンメイクということになります。

なぜ、オルチャンメイクがそこまで日本で韓国の代表的なメイクのように浸透してしまったのか。それは「分かりやすさ」ではないかと思います。

平行な眉毛に、長いアイライン、ぷっくりした涙袋に真っ赤なリップという特徴を持ったオルチャンメイクは繊細なメイクというよりは大胆でインパクトがあり、真似しやすくもあります。

初めてオルチャンメイクを目にした衝撃は、その後目することとなる最新の韓国人アイドルやYouTuberのメイクによって塗り替えられることはなく、一種ステレオタイプ的に残り、今日のオルチャンメイクブームにつながったと言えます。

オルチャンメイクは日本独自のもの

2017年、日本で大ヒットし売り切れ続出となった韓国コスメの「ウユクリーム」というコスメがあります。ウユとは韓国語で牛乳という意味で、クリームを塗ると一時的に肌が白くなるという優れものです。

しかし、このクリームの存在をほとんどの韓国人は知らないといいます。このような「日本で人気の韓国商品だけど韓国人は知りもしない」という現象が頻発していて、日本でヒットした韓国コスメのほとんどがそうだとも言われています。

第三次韓流ブーム真っ只中と言われている今の日本で流行っているのは「リアルな韓国」では決してなく、あくまでも「日本人が好きな韓国」であって、それを象徴しているのがオルチャンメイクではないでしょうか。韓国にはもう存在すらしていないオルチャンメイクは、日本人が「いいね!」と思った韓国コスメやメイクの方法を取り入れて、日本独自のメイクとして進化していくと私は予想します。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56838

 

「オルチャン」とは、韓国語で美少女を意味するんだって(*´ω`*)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能