sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

オラついたWi-Fiルーターが発売される

   

合計5,400Mbpsのトライバンド無線LANルーター、ティーピーリンク「Archer C5400X」

ティーピーリンクジャパン株式会社(本社:東京都港区)は2018年1月30日、2.4GHz帯×1、5GHz帯×2のトライバンドに対応するゲーミング無線LANルーター「Archer C5400X」を発表した。発売は4月上旬予定で、市場想定売価は税込50,000円前後。

64bit対応の1.8GHzクアッドコアプロセッサを搭載

IEEE 802.11 ac/a/b/g/nに対応する無線LANルーターの新製品。5GHz帯(各2,167Mbps)×2と2.4GHz帯(1,000Mbps)×1のトライバンドに対応し、それぞれの帯域を用途ごとに割り振ることで、高負荷な作業でも速度を落とすことなく効率的なネットワーク通信が可能になる。

またPCのCPUに匹敵する1.8GHzの64bitクアッドコアプロセッサや、Wi-Fiのバランスを制御する3基のコプロセッサ、さらに1GBの大容量RAMを標準装備。負荷の大きいバックグランド機能を利用した場合でも、オンラインゲームをラグ無くプレイできるとしている。

その他、端末の送受信強度を高める「レンジブースト機能」や、ルーターの送信能力を向上する「ビームフォーミング機能」、新旧デバイスが混在した状態でも平等に通信を行う「エアタイムフェアネス」、従来比最大5倍の接続速度を実現する「VPNアクセラレーション」などの独自機能を備える。

有線LANポートはギガビットLAN×8で、うち2つはリンクアグリゲーションに対応。インターフェイスはUSB3.0×2、外部アンテナは8本で、Bluetooth接続アプリによる「かんたん初期設定機能」を標準装備。外形寸法は240.5×240.5×55.3mm、重量1.5kg。

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0130/251054

欲しい!\(^o^)/

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット