sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ」 18~29歳。自分が何をしているか、わかっているのかと朝日新聞投書

   

「わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ」 18~29歳。自分が何をしているか、わかっているのかと朝日新聞投書

特攻志願「お前たち馬鹿だ」

無職 加藤敦美(京都府 88)

世論調査では、18~29歳の自民党支持や改憲への賛成が他世代に比べて異様に多い。
兵隊にされ、戦場に送られる世代ほど、そうしようとしている勢力を支持している。寒気がする。

私自身、16歳で特攻死しか待っていない予科練(海軍飛行予科練習生)だったからだ。
死ぬための志願。あれは何だったのかと今も思う。

冬の夜、山口県の三田尻駅(現・防府駅)に入隊の旅を終えて、灯火管制の真っ暗闇の中、
不安と緊張に凍え、皆が黙りこくって待った。突然、若々しく朗らかな声がした。
「海軍なんか志願して、お前たち、馬鹿だなあ」。迎えにきた海軍の下士官だったのだ。

街という街は廃墟となり、次々と人は殺され、少年兵は゛恨み死に″した。
戦場帰りの下士官は知っていたのだ。「お前たち、馬鹿だ」

馬鹿だった。無心にあどけない幼子まで、母の胸に抱かれて焼死体になった。誰が幼子を殺したのか。
私たちが死ぬのは自分の勝手だ。だが小さい子たちまで道連れにする。わかっている。だから憤怒する。
わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ……。

18~29歳。自分が何をしているか、わかっているのか。

このじーさんは実在するのだろうか?

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット