【悲報】政府「感染拡大が酷いので東京五輪を途中で中止するかも」

スポンサーリンク

東京最速1149人感染で「五輪途中打ち切り」「パラ中止」危機

スポンサーリンク

不安は広がる一方だ。東京都は14日、新型コロナウイルスの新規感染者が新たに1149人確認されたと発表。1日の感染者が5月13日以来約2カ月ぶりに1000人を超えた。

■ 「無観客」に「東京1000人超え」で組織委も疲弊

第4波のピークだった1121人(5月8日)も上回り、一部メディアによれば都内で年末年始の第3波以降に繰り返されてきた「緊急事態宣言解除→感染再拡大」のデータで比較すると、この日は宣言解除から1000人到達までの増加ペースが最も早かったとの報道もある。驚異的な感染再拡大の要因としては、多くの人たちが「宣言慣れ」したことや感染力の強いデルタ株の蔓延があるのは明白だろう。

そして23日に開幕する東京五輪期間中に、過去最大級の大きな波が訪れる危険性は確実に高まっている。

東京1000人超えの報道が各メディアを通じて一斉に伝わった14日午後、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の関係者の間にも大きな衝撃が広がったようだ。

スポンサーリンク

組織委関係者が明かす。

「幹部も公には動揺を見せないようにダンマリを決め込んでいるが、さすがにショックを受けていない人なんて誰一人いない。中には(6月21日に)宣言が解除された直後『いくらなんでも、もう(東京は)1000人を超えるわけがない』と余裕をかまして笑い飛ばしている幹部もいたが、それがこんなに異常なペースで、超えるわけがないと勝手に思い込んでいた“大台”を突破してしまったのだから、まさに面目丸潰れ。

すったもんだの末に当初の有観客から大半の会場で無観客開催が急転して決まったことに加え、開幕が近づくにつれてマイナス材料がまるでがん細胞のように次々と広がっていく状況に皆疲弊し切っている。本来ならお祭りムードとなるはずが、こんなに暗く沈みかえっている組織委内部はかなり異様な雰囲気だ」

スポンサーリンク

■ 小池都知事の「都内会場は無観客」の方針に首都圏の他の知事が次々同調

今月8日にまず東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の会場での無観客開催が決定。しかしながら組織委など大会関係者の間では今月初めの時点まで有観客が大前提とされ、政府のイベント制限の基準に沿って観客を入れる方向で調整が進められていた。

ところが今月6日に「菅義偉首相ら政府が東京に緊急事態宣言を出す方向で動き始めている」との情報が飛び交い始め、雲行きが怪しくなる。

話を総合すると結局、開催都市・東京都の首長である小池百合子都知事が東京での宣言再発令と再蔓延の危険性を主な理由として「都内会場は無観客」とすることを組織委・橋本聖子会長に申し入れ、これに他の自治体の多くも「無観客」で足並みを揃えたのが大筋の流れという。

スポンサーリンク

■ 前言撤回ばかりの政府と東京都、振り回される組織委

「当初は政府も東京都も、それぞれ役職に就くキーパーソンたちが『有観客だけは何としてでも死守するから』という類の言葉を口にし、太鼓判を押してくれていた。

口約束レベルの話とはいえ、こうもあっさりと梯子を外されてしまうと信用できなくなってしまう。背景にコロナの感染状況の悪化があることは百も承知だが、開幕まで半月しかない期日で撤回させられるなんて、いくら何でもあんまりだと思う」

と前出の関係者は落胆の色を隠せない。

断っておくが、この人物は組織委内部に籍を置いているものの筆者にこれまでネタ提供に快く応じてくれている数少ない「開催慎重派」の1人だ。どちらかというと一歩引いた立場にいる彼にしても、無観客開催に対してここまで激しいショックを覚え、強い不満も漏らしているのだから、いかに政府、そして東京都を筆頭とした自治体の“ちゃぶ台返し”が組織委全体ならびに大会関係者サイドに凄まじいダメージを与えているかが分かる。

スポンサーリンク

そして今、組織委の中で悪夢のシナリオとして憂慮され始めているのが、東京五輪の「打ち切り」と東京パラリンピックの「中止」だという。東京を筆頭とした大半の会場での無観客開催が“口約束”を反故にされる格好で急転決定し政府、東京都とのミゾが深まり、大会関係者側には不信感が増大している。

前出の組織委関係者が顔をしかめながら語る。

「東京の新規感染者が過去最大のハイペースで1000人を超えたのだから、大会期間中に2000人を上回ってしまうこともあり得るのではないか。そんな事態になれば、さすがに『東京五輪なんて開催している場合じゃないだろう』というシュプレヒコールが一斉に爆発することも覚悟しておかなければいけない。

いや、それどころか今回の無観客で距離感が生じてしまった政府、東京都、特に小池都知事辺りはドラスティックに『都民ファースト』の姿勢を貫き、もしかすると苦渋の選択として『大会打ち切り』を示唆し始めることになるかもしれない」

スポンサーリンク

■ 「五輪閉幕の2週間後」に開幕迎える東京パラリンピック

ただ、さすがに一度開催してしまった東京五輪の「打ち切り」は現実的でないとしても、8月24日から9月8日までの期間で日程が組まれている東京パラリンピックに関してはコロナ禍が悪化の一途を辿った場合「中止」となる可能性は全くないと言い切れない。東京五輪が閉幕する8月8日から数えて約2週間後に東京パラリンピック開会式を迎えるとなると、専門家らの間で懸念されている新型コロナウイルスの“五輪リバウンド”が新規感染者数として露わになる時期とちょうど重なってしまう可能性も十分考えられるからだ。

「東京五輪を何とか閉幕できたとしても、果たして次の東京パラリンピックの開催は正直どうなるか分からない」

スポンサーリンク

政府、東京都を筆頭とした自治体との連携に大幅な狂いが生じ、相手側の考えも読みにくくなっている組織委や大会関係者側は今、このように危惧しているという。不気味なほどに全く盛り上がらない東京五輪の開幕は都内新規コロナ感染者数の急増と反比例するように、いよいよカウントダウンに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef1078455de90665a34a5e5375f69b4021b9284c

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

打ち切りなんかあるわけないやろ😩😩😩

コメント