【吉本興業】報道陣から失笑漏れた 岡本社長の居座り「辞めるつもりない」「(続投理由)後でみんなに聞いときます」とボケも

報道陣から失笑漏れた 吉本・岡本社長の居座り「辞めるつもりない」「(続投理由)聞いときます」とボケも

吉本興業が7月22日午後に開いた異例のロングラン会見--。

岡本昭彦社は雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮の処分を撤回し、復帰を呼びかけた。2人が涙ながらの会見をして世論の同情が高まったため、取り込む狙いがあるとみられる。岡本社長も会見で号泣する場面もあった。

会見では岡本社長のパワハラまがいの不適切な発言を巡り何度も質問が出たが、「冗談のつもりだった」と何度も釈明。報道陣からも失笑が漏れた。

宮迫や田村らに「会見するのであれば全員クビにする」と言ったことについてはこのように釈明した。

「父親が息子に勘当や、ええかげんにせいというつもりだった。会見を止めるつもりはなく、僕の気持ちを正しく伝えられなかったところが僕のだめなところ」

クビという発言をすること自体パワハラではないか、との記者の指摘には、「僕的にはそんなつもりはないが、相手がどう受け止めるかですから」と不適切な発言だったことを認めた。

ほかの芸人や社員にもそうした恫喝(どうかつ)をしているのではないかという追及には、「若いころは怒ったこともありました。今は(社長の)部屋で1人でいるのでない」とした。

宮迫らが振り込め詐欺グループの宴会に出て現金をもらっていたことがわかったのに、謝罪会見を早期にさせなかったことについても、判断ミスを認めた。

「いま思うとそうするべきだったんだと思います。ただ、その当時の状況で言うと我々にも余裕がなかった」

自ら不適切な発言やパワハラ、判断ミスを認めた岡本社長だが、進退については辞任を否定。岡本社長と大崎洋会長は役員報酬50%を1年間カットすることで責任をとるという。こう言い切った。

「まだまだいろんな調査があるのでそれをやりきる。僕自身がどこまで変われるかが大きな問題。自分自身がしっかり変わっていくことでみなさんに評価されたい。僕的には、笑いを愛し笑いを作られる方を愛していることについては、人一倍だと思っている」

報道陣からは、「なぜ辞めないのか。社長でなければできないことがあるのか」との突っ込みもあった。

岡本社長は回答に窮したあげく、「後でみんなに聞いときます」と“ボケ”ともとれる発言でかわした。

岡本社長の責任を巡っては、極楽とんぼ・加藤浩次が22日午前の日本テレビ系の情報番組「スッキリ」で、「経営側が変わらないとだめ。この状況が変わらないなら僕は退社します」と述べるなど退陣を迫っていた。

岡本社長はこの発言について、「加藤くんとはこれからミーティングする」としたが、所属芸人からも岡本社長の続投には反発が出そうだ。

田村は7月20日の会見で、吉本興業とテレビ局の関係について不信感を抱いたと、次のように話していた。

「僕がすごく不審に思ったのが、『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫やからと』言われました。何が大丈夫なのかわからないけれども、僕たちの言うことが、本当の気持ちが伝わるかどうか。ネット(での生中継)を止めようとしたという風に感じてしまいました」

これについては吉本興業の担当者はこのように反論。

「会見を生中継をしたいという田村への要望を受けて、それならテレビ局が株主だから大丈夫だ、という意味だった」

田村の誤解だったと言いたいようだが、会社側の説明にはどうも言い逃れのような感じも受けた。

吉本興業としては今回の会見で信頼回復をしたかったようだが、会社側の理解しにくい説明もあって、どうにも「スッキリ」しない。ファンや芸人らに疑念をかえって抱かせる可能性もある。

実際、「トレンディエンジェル」の斉藤司がテレビ番組で「なんでこんなに回りくどいことを言って」と発言するなど、反応が出ている。

異例の長時間のトップの釈明会見だったが、このままでは信頼回復はかえって遠のきそうだ。

https://dot.asahi.com/wa/2019072200091.html?page=1

sakamobi
sakamobi

松っつんがこの続投を許して吉本に残るなら、先日上がった松本株大暴落やで😤😤😤

コメント