【作詞家】エヴァ「残酷な天使のテーゼ」及川眠子さん、無礼な依頼に不満

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」などを手がけた作詞家の及川眠子さん(58)が、無償で仕事を依頼されることに苦言を呈し、クリエイターなどから共感の声が多数寄せられている。

及川さんは20日、ツイッターで「タダで書いて。タダで歌って。タダで演奏して。タダで踊って。プロに向かってそんな要求する人が多い」と切り出し、「『目に見えないもの』を売ってる私たちは、つまり『原価のかからない』仕事をしてると思われがちで、だからタダでも構わないでしょ、なのか。今までの資料代に勉強代、結構金かかってんだけどな」と不満をつづった。

このツイートに「物作りをしてますが、同じ様な事が多々あり『原価そんなにしないでしょ?』とよく言われます」「これクリエイターだけじゃなくて、我々も材料や部品代がかからなかった修理でも同じこと言われる」「占い師も同じです…占って~私も私も~って、仕事だから金取るよって言ったら友達じゃん!とか言う奴は友達じゃない…心の叫びです」「わかります! 私美容師ですけど子供の髪ぐらいならタダでいいじゃんって言われたこと何回もあります」と、同様の経験をしたことがあるとして共感する声はクリエイターのみならずさまざまな職種の人たちから寄せられた。

ページが表示できません - Yahoo! JAPAN

 

SNSでもこれ言ってる人最近多いけど、こんなとこでブーたれてないで断固として断ればいいだけだと思うんやけど(;・∀・)

コメント