【MLB】大谷翔平、メジャー史上初の快挙を達成!

2回の第1打席で左前打を放ち、三盗を決め10盗塁目をマーク

エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦で「4番・DH」で22試合連続スタメン出場。第1打席で左前打を放ち4試合連続安打を記録した。さらに今季10盗塁目をマーク。メジャー史上初となるシーズン20本塁打、10試合以上の登板、そして、10盗塁の偉業を達成するなど、大谷はまたしても金字塔を打ち立てた。

2回先頭打者で登場した大谷は右腕ファイアーズの直球を巧みに捉え、左前打で出塁すると脚で見せた。1死一、二塁の場面でダブルスチール。圧巻のスピードで華麗なスライディングに成功しシーズン10盗塁に到達した。

この瞬間、メジャー史に歴史が刻まれた。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者はツイッターで「ショウヘイ・オオタニはシーズン20本塁打、10盗塁、10試合登板を果たした史上初の選手に」と速報した。

そして、アルダヤ記者はツイートでエンゼルスのルーキー史上、20本塁打、10盗塁を達成したのはデボン・ホワイト外野手とマイク・トラウト外野手に続く、球団3人目とデータを紹介している。

エンゼルスのマット・バーチ広報もツイッターで1年シーズンに20本塁打、10盗塁を成功したア・リーグの過去4選手を紹介。

2015年のアストロズのカルロス・コレア内野手、12年のアスレチックス時代のヨエニス・セスペデス外野手、08年のホワイトソックス時代のアレクシス・ラミレス遊撃手、そして、エンゼルスの打撃コーチ、エリック・ヒンスキー氏が2002年のブルージェイズ時代に達成していたことも紹介している。

投打に凄まじいクオリティを示し、二刀流センセーションを巻き起こした大谷だが、圧巻のスピードも魅力。三刀流とも呼ぶべき記録となった。(Full-Count編集部)

2018年9月29日 12時16分
フルカウント
http://news.livedoor.com/article/detail/15374374/

大谷、今季4度目の猛打賞!3打数3安打2打点の大活躍 自身初の2桁盗塁も達成

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/29/jpeg/20180929s00001007166000p_view.jpg

エンゼルスの大谷翔平投手(24)は28日(日本時間29日)、本拠地でのアスレチックス戦に「4番・DH」で先発出場。7回の第4打席にこの日、3本目の安打となる適時内野安打を放ち、5日(同6日)レンジャーズ戦以来、今季4度目の猛打賞を記録した。

大谷は2回の第1打席では技ありの左前打を放ち、4試合連続安打を記録。その後、今季10個目の盗塁を決め、先制のホームを踏んだ。

3回の第2打席は右翼線への二塁打で2試合連続のマルチ安打を記録。第3打席は貴重な追加点を奪う中犠飛を放ち、そして、1死一、三塁のチャンスで迎えた7回の第4打席は左腕キーケファーから三塁線へボテボテの当たり。これが幸運な適時内野安打となり、猛打賞を記録した。

大谷は2回に三盗を決め、これが今季10盗塁目。同一シーズンで(1)10試合登板(2)20本塁打(3)10盗塁以上を同時に達成したのはメジャー史上初めて。球団の新人で20本塁打、10盗塁を記録したのは87年ホワイト(24本塁打、32盗塁)、12年トラウト(30本塁打、49盗塁)以来、3人目の快挙となった。

大谷、今季4度目の猛打賞!3打数3安打2打点の大活躍 自身初の2桁盗塁も達成 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は28日(日本時間29日)、本拠地でのアスレチックス戦に「4番・DH」で先発出場。7回の第4打席にこの日、3本目の安打となる適時内野安打を放ち、5日(同6日)レンジャーズ戦以来、今季4度目の猛打賞を記録した。チームは8―5で勝利し、4連勝。

 

シーズン20発、10登板、10盗塁の偉業!

コメント