大谷翔平の神対応「本当の紳士」敵地ファンしびれた

<とっておきメモ>

エンゼルス大谷翔平投手(23)の行動が、敵地シアトルのファンをとりこにした。「彼は本当の紳士だ。スーパー親切だ。あんなことをしてくれる選手は、今まで見たことがない」。シアトル在住のマリナーズファンのジョシュ・エバンスさん(28)は信じられないといった表情で話した。前夜は、大谷に対して打撃ごとにブーイングが飛んだセーフコフィールドが、一転して拍手に包まれた。

5日(日本時間6日)の試合前、大谷は翌日の登板に向けてキャッチボールを終えると、男性の求めに応じ左翼スタンドにボールを投げ入れた。ところが、ボールは壁に当たって、手前のブルペンに落ちた。もちろん、ファンはブルペンに立ち入ることはできない。そこで大谷は左翼付近から走ってブルペンに足を運んで拾い、手渡した。

エバンスさんによると、ほとんどの選手は、投げ入れたボールがスタンドに届かない場合にボールを拾って再び投げ入れてくれることはない。だが、大谷は違った。前日、ブーイングを飛ばしたマリナーズのファンに笑顔でサインまでして手渡した。走ってダッグアウトに引き揚げる際には大きな拍手が送られた。エバンスさんは「感謝と尊敬の意味を込めての拍手だよ」と感激の面持ちだった。大谷の人間性が垣間見える行動に温かい気持ちになった。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

イイハナシダナー!( ;∀;)

コメント