大谷翔平の捻挫は「走りこみ不足」が原因? 張本勲氏の持論に異論続出

大谷翔平の捻挫は「走りこみ不足」が原因? 張本勲氏の持論に異論続出

29日の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がエンゼルス・大谷翔平選手について厳しい評論を展開。その内容が物議を醸している。

■大谷選手の捻挫に張本氏は…

番組では大谷翔平選手が日本時間の28日に行われたヤンキース戦で、一塁にかけこんだ際、ベースを踏みそこね左足首を捻挫した様子を紹介する。

張本氏はこの件について、

「心配だよね、大谷。何回も言ってるし、私。練習不足なんですよ。走りこんでないから。左やったでしょ、日本ハム時代は右やってるからね。

5年間『これでもか、これでもか』と走りこまないとね、一番大事で嫌なことなんですよ。これからもっとでますよ、心配ですよ」

と、大谷選手の捻挫は「走りこみ不足」が原因とし、練習不足に警笛を鳴らした。

■石毛宏典氏は反論

これに反論したのが西武ライオンズ黄金期のリーダーで、オリックスで監督を務めたこともある石毛宏典氏。

「今のプレーはあれですよ、大谷の人の良さでしょうね。一塁手がいたんで、行くと交錯するんで、ちょっと外れたんですよね。でも目線は野手にある、足首はベースの端っこのほうにいってクチャっといっちゃったんですけど」

と指摘。さらに関口宏も

「この前もファーストベースでやったでしょ、ファーストベースの走り方が下手だね。練習したってしょうがないよね、あんなものはね」

と張本氏に反論する。

■張本氏は再反論

ところが張本氏は「いやいやそれは練習が大事ですよ」とし、

「やっぱり数やらないと運動選手は。ベースの角を踏むのは正解なんですよ。少しでも手前を踏みたいから。だけど、鍛えてなければ怪我しますよ。

我々は嫌というほど走らされたからね、ほとんど怪我はしないんですよ、ぶつかってもね。心配ですよ」

と再反論。石毛氏は「足首はテーピングで固められるので、次の登板には支障はない」と庇うが張本氏は、

「走りこんでピッチャーやるとあの球は打てない。とくにアメリカのヘボバッターは打てませんよ。低いボールばっかり振ってるからね。そこに胸元に速い球投げるでしょ。

あの大谷の速い球は物凄いからね。ブルペンで見たとき怖いくらい速かったからね。しつこいようだけど怪我をしないよう走り込んでもらいたい」

と走りこみの重要性を説いた。

■ネットの反応は…

張本氏の「走りこみ不足論」だが、ネットの反応は「時代遅れ」「今回の故障とは関係ない」と厳しい。

■大谷選手への期待の裏返し?

毎回張本氏から厳しい評論を受ける大谷翔平選手。今回足首を故障したものの、投打に高い才能を見せており、その評価はアメリカでもうなぎのぼりだ。

ちなみにしらべぇ編集部が2017年に全国20~60代の野球ファン443名を対象に、「大谷翔平はメジャーに行くべきか」聞いた調査では、じつに6割が「行くべき」と回答している。

その才能を評価するファンは、かなり多い。プロ野球界では高い才能を持ちながら、怪我によって活躍できずに終わってしまう選手が数多く存在する。

それを「走りこみ」で防止できるか否かは意見がわかれるところだが、故障が選手生命を奪いかねないことは、間違いない。張本氏もその点を心配しているものと思われる。

大谷選手にはくれぐれも怪我をしないよう、気をつけてもらいたいものだ。

大谷翔平の捻挫は「走りこみ不足」が原因? 張本勲氏の持論に異論続出
29日の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がエンゼルス・大谷翔平選手について厳しい評論を展開。その…

 

張本氏の厳しさは大谷選手への期待の裏返しだと思うけどなぁ。甘いこと耳障りのいいことだけ言ってる方が楽なんだからさ。

コメント