大船渡佐々木18台ガンあって中日のガンだけが163だった

大船渡・佐々木朗希、3球団のスピードガンが160キロ超を記録

U―18ワールドカップ(8月30日開幕・韓国)の高校日本代表1次候補による国際大会対策研修合宿2日目が6日、奈良県内で行われ、今秋ドラフト1位候補の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が実戦形式の中で日本の高校生史上最速の163キロをマーク。花巻東・大谷翔平投手(米エンゼルス)の160キロを一気に3キロも更新した。集まった日米12球団46人のスカウトからは昭和の怪物・江川、平成の怪物・松坂以上という声も。「令和の怪物」が新たな歴史を刻んだ。

この日のグラウンドは客席はなし。各球団のスピードガンは手持ちのため、陣取った場所によって球速に多少の差はあった。最も速かった中日は163キロを計測し日本ハム、ソフトバンクは161キロ、ロイヤルズは99マイル(約159キロ)。それ以外の球団も、ほとんどが150キロ台後半を記録した。佐々木の最速が156キロだった巨人のガンでは星稜・奥川が最速143キロ、横浜・及川が同148キロ、創志学園・西が同146キロだった。

https://hochi.news/articles/20190406-OHT1T50319.html

sakamobi
sakamobi

巨人にいたっては最速156でロイヤルズの最速は159だったらしい。まぁスピードガンなんて測る位置でもだいぶ変わっちゃうしそんなもんやで…彼が凄いことには変わりない😅

コメント