【画像あり】日本さん太古から優れた文明を持っていたことが判明。1700年前の工場が発見される 長崎

スポンサーリンク

約1700年前の「工場」 鍛冶工房跡が大村市の帯取遺跡で発見 長崎

スポンサーリンク

約1700年前に、きりやナイフなど小型の鉄器を作っていたとみられる「鍛冶工房」の跡が、大村市で見つかりました。11日に現地見学会が行われました。

スポンサーリンク

宅地が造成される大村市今富町の帯取遺跡で発見されたのは、約1700年前(弥生時代末から古墳時代はじめ)の鍛冶工房跡です。

スポンサーリンク

大村市教育委員会の担当者「金属音がするくらい硬くなっている。ここまで高温で何かをしないといけない作業は何だろうかということを考えたときに、鍛冶の可能性があるのかなと」

スポンサーリンク

この鍛冶工房には、4つの「鍛冶炉」が、7m四方の竪穴を使った建物内に備えられていました。

スポンサーリンク

北部九州から持ち込まれた「鉄」をたたいて形を整え、きりやナイフなど小型の鉄製品を生産していたと見られています。

スポンサーリンク

近くの中学生「昔の時代から鉄が作られていることに驚いた。友達にこんな遺跡もあるんだよと伝えて話したい」

スポンサーリンク

長崎市からの参加者「残っているのがすごいと思う。普通我々のものは何十年かしたら無くなってしまうのに、1700年経っても残っているのがすごい」

スポンサーリンク

この時代の鍛冶工房が見つかったのは、壱岐市のカラカミ遺跡に続いて県内では2例目です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000003-ktn-l42

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ダイダラボッチ様がいた日本を誇るべき😆😆😆

コメント