sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画あり】カリフォルニア近海で尾ビレが無い『クジラ』が発見される 断面が痛々しい

   

カリフォルニア近海で尾ビレが無い『クジラ』が発見される 断面が痛々しい

漁網が絡まったことによって尾ビレを失った可能性

今週、アメリカのカリフォルニア近海で尾びれの無い『コククジラ(学名:Eschrichtius robustus)』が撮影され話題となっている。専門家によると、このような状態のクジラは珍しいとのこと。

2月21日にEast Meets West Excursionsが運営するボートに乗っていたBrooke Palmer氏によって撮影されたクジラ。

息継ぎをする様子などは通常のコククジラと変わらない様子だったが、潜水する時に水面から出てきた尾を見た時、そこには尾びれが無く痛々しい断面がそこにはあったという。

実はこのような尾びれの無いクジラは2015年の3月に一度発見されており、その時には研究者によって文書化されていた。しかし、その後人間の前に姿を表すことが無かったのだが、今週約3年ぶりにその姿が観測された。

コククジラは外洋に出ることが無いものの、沿岸部を南北に約2万kmも回遊する生物。その回遊距離は現世の哺乳類の中でも最長であるとされている。そのため、尾びれが無いことは大きなデメリットとされており、その安否が心配されていた。

しかし、今回の発見でこの個体が尾びれを失った状態に上手く適応し、健康な状態で生きている事が判明。今後は文書化されるための情報収集が行われるとのこと。

このコククジラが尾びれを失った理由は不明であるが、専門家によると漁網などに絡まり切断されてしまった可能性が高いという。

http://aqua2ch.net/archives/51600744.html

>漁網などに絡まり切断されてしまった可能性が高い

( ;∀;)カワイソウニ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物, 動画