sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

盗まれた仮想通貨NEMが別の仮想通貨に交換された模様

   

盗まれた仮想通貨NEMが別の仮想通貨に換金された模様

流出NEMが別の仮想通貨に交換!追跡に抜け穴も?

コインチェックの不正流出が発覚してちょうど1週間。騒動が終息する様子はありません。2日、抜き取られた「NEM」の一部が別の仮想通貨に交換された可能性があることが分かりました。

流出した580億円相当の仮想通貨「NEM」に新たな動きが。2日までに抜き取られた資金の一部がNEMから別の仮想通貨に交換された形跡があることが分かりました。先月26日に抜き取られたNEMは、先月31日までに約20の口座に送金されています。1日、新たに7回の送金が行われ、その一部がさらに別の口座に移され、その際に約3万5000円分が別の仮想通貨に交換されたのです。NEMの普及を推進しているNEM財団は抜き取られた資金が入ったウォレットにマーキングをし、追跡していますが、1日に会見したNEM財団の朝山理事は犯人の動きについて…。
NEM.io財団・朝山理事:「要は犯人が駆け引きをしているわけでして、犯人としてはどういう形で追跡されるかを見たいわけですね」
別の仮想通貨への交換。この動きも「犯人」の駆け引きなのでしょうか。さらに雪のなか、突然の立ち入り検査でした。金融庁は先月29日にコインチェックに対し、業務改善命令を出して13日までの回答を要請していました。しかし、回答前に踏み切ったのです。コインチェックは手持ちの資金から460億余りを顧客に返金する方針を示したものの、財源の説明が不十分だったことに加え、「きょうにも破産申請するのではないか」など不確定な情報が出ていたことなどが理由です。
麻生財務大臣:「利用者の保全等々を確実にするという観点から、立ち入り検査に入ったということです」
今回の一連の騒動を仮想通貨の利用者はどう捉えているのでしょう。NEMなど仮想通貨での支払いができる「NEMバー」を尋ねました。
30代男性会社員:「(Q.どんな目的で来店?)情報交換ですね。店員さんとか、他のお客さんとか。色々と知らないこと知ってる人もいっぱいいるので」「(Q.コインチェックの騒動はどう思いますか?)セキュリティーちゃんとしようよ」
40代男性会社員:「仮想通貨元年と言われてまだ久しく、まだ仕方ないなっていう部分もあると思いますけど、これからセキュリティーの方を何とかしてもらいたいなとは思います」
お客さんのなかには、今回の騒動で実際に被害を被った人も…。
30代男性会社員:「この店に来るためにコインチェックで(NEMを)1万円分買ったんですけど、引き出しできなくなっちゃったので、海外取引所でNEM買って、きょう持ってきました」「(Q.今回の騒動について)最近、入った方が心理的なダメージが大きいのかな。自分も12月や1月から入ったら、だいぶメンタルやられてると思います」「(Q.NEMの魅力って?)コミュニティーの強さが魅力の通貨。モナコインと似ているのかなって」
一方、騒動後も仮想通貨に明るい未来を確信している人も。
30代男性会社員:「(Q.今回の騒動について)残念の一言です。(コインチェックは)業界の発展に貢献してくれた会社なので、頑張ってほしいなって思ってますね」「(流出は)仮想通貨が発展していくなかで、避けられない事象なんじゃないかと思ってます」「(Q.NEMの魅力って?)NEMの魅力はスマートコントラクト(契約の自動化)。比較的、簡単に使えるってところだと思う。彼ぐらいですね、密に話ができるのは。言っても引かれちゃうもんね。『仮想通貨?危ないでしょ』みたいなね」「(Q.仮想通貨をどう思う?)本気で世の中が変わると思っているので、ブロックチェーンで。間違いないと思います。そこの変わり目に立ち会えているのが、すごく面白い」

 

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000120124.html

仮想通貨に交換されたところで換金できないことにはかわらないのよな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット