スポンサーリンク

車のナンバーに「へ」が使われない衝撃の理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車のナンバーに「へ」が使われない衝撃の理由

車のナンバープレートには、数字や地名だけではなくて、平仮名が一文字書かれています。

実は、平仮名の中にも意味があるものがあって、たとえば「わ」。これはレンタカーだけに使われる平仮名なのです。沖縄では、案外「わ」を見かけることが多いのですが、それだけレンタカーがたくさん走っているということですね。もし「わ」が埋まってしまったら、次は「れ」を使うそうです。逆になかなか目にする機会がないであろう「よ」は、米軍の退役軍人の車につけられているのだそう。

事業用として登録すると「あいうえかきくけこを」のいずれか、自家用車の場合には「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」になります。

さて、平仮名の中では使われていないものが4文字あります。

まずは「お」です。これは「あ」に形が似ているので、間違いやすいという理由。「し」は、「死」を連想させて縁起が悪いということで使われていません。さらに「ん」。たとえばデパートなどで車の移動の連絡をしたときに発音しにくいことが理由のひとつになっています。そして最後が「へ」。

実は、この理由がなかなかおもしろくて、なんと「屁」をイメージさせるからなのです。つまり「おなら」ですね。確かに「おなら」は不適切な感じはしますが、それだけの理由で「へ」が使われていないなんて、想像できないですよね。だからこそ、ちょっとしたときの話題にもってこいのような気がします。

車のナンバーに「へ」が使われない理由 おならを連想させるため不適切 - ライブドアニュース
車のナンバープレートには、使われていない平仮名が4文字ある。「あ」に形が似ている「お」、死を連想させる「し」、発音しにくい「ん」。おならをイメージさせるという理由で、「へ」も使われていない

 

へー(笑) ちょっと笑える豆知識ですね!

スポンサーリンク
ニュースネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobiをフォローする
スポンサーリンク
sakamobi.com

コメント