sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

未就職の若者、北海道で農業人材に 道が仲介

   

未就職の若者、北海道で農業人材に 道が仲介

北海道は人手不足に悩む道内農家の労働力確保を支援する。道外の未就職の若者に道内で農業に携わってもらう仕組みを整備する。道内の農家では高齢化が進み、人手不足が加速している。道は道外から就農人材を取り込むことで、農業の生産量を確保。若者の働き口の提供にも一役買う。

道はまず、未就職の若者の受け入れが可能な農業団体を調査。若者の就労支援や職業訓練に取り組むNPO法人を通じ、道内農家で働く意欲がある若者の状況も把握する。その上で受け入れに前向きな農業団体とNPO法人を仲介する計画だ。

NPO法人は若者の就労前に受け入れ先の農家を訪れ、作業内容や職場・居住環境などを確認する。道はこうした過程も支援し、NPO法人と農家が安心して連携できるようにする。

農作業は初心者でもできるように、収穫や箱詰めなど一部に限定。受け入れ農家が若者に作業を指導する。作業期間は数日~数カ月程度とし、気軽に就農できるようにする。道は新たな仕組みによって若者が農業の魅力を実感できれば、将来は長期就労にもつながると期待する。

道は新たな農業人材として、これまでパート労働者や労働意欲のあるシニア層に着目。道内農家も苗植えや収穫などの繁忙期にパート労働者を雇い、作業を手伝ってもらうところが多かった。ただ、近年は道内でも人手不足でパート労働者の確保も困難な状況だ。このため、道外の若者の就農支援に乗り出した。

道内では既に十勝など複数地域の農業団体が若者の受け入れに関心を示している。道外の複数のNPO法人も道内での若者の働き口を求めている。道は他の農業団体の求人やNPO法人の求職の動向も調査。双方の要望や課題などを把握し、若者の就農につなげる。

他地域でも自治体の枠を越えた就農連携が始まっている。NPO法人のおおさか若者就労支援機構(大阪府)は青森県弘前市のリンゴ農家と組み、同機構が未就職の若者を農家に派遣。高知県土佐町も関西の若者らを受け入れ、数日~数週間の就農体験ができる仕組みを設けた。道はこうした先行事例を参考にしながら、同様の仕組みを構築する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31397880V00C18A6L41000/

 

それでは聞いてください。THE 虎舞竜で「農奴」

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット