sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

野々村元議員、検察をキレさせ完全終了

   

野々村竜太郎さん、とうとう第三形態へ突入

野々村竜太郎被告「聞こえません」ポーズ拒否される

政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日午後、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれ、右耳に手を当てる「聞こえません」ポーズに対し、検察側から「その格好は結構なんで!」と“拒否”される場面があった。

第2回公判は午後1時10分に開廷し、検察側の証拠提出や質問、弁護側からの補足質問など、約1時間20分で終了。検察側が兵庫県警の取り調べ状況について質問している中で、野々村被告が突然「今の質問、一部理解できませんでしたので、右(耳)側から聞かせていただきます」と口にし、自身から見て左側にいる検察官へ、身をよじり、右耳に手を当てた。

14年の“号泣会見”から、今年1月の初公判でも披露していた「聞こえません」ポーズ。前回の初公判時には「緊張すると、左耳が聞こえにくい」などとして、このポーズの理由を説明していた。だが、この日は、身をよじった野々村被告の右手が右耳付近にいった瞬間、担当検察官は「その格好は結構なんで! 私が(被告の)右側に回ります」と告げ、検察官が野々村被告の右側に立って質問を続け、十八番を“封印”されるハプニングがあった。

ただその後、検察官が左側に戻ったまま質問をする場面もあり、これには野々村被告が「もう1度右側から(質問を)お願いできますでしょうか」と“対抗”した。

肝心の供述は、第2回となったこの日も「記憶がございません」を繰り返し、検察側は「第1回から今日まで、記憶を取り戻す努力はしなかったのか」と追求。これには「前回も申し上げましたが、病気のために医師の診断を受けておりまして、努力とか、努力しなかったとか、そういう次元のことではございません」。検察側はあきれ気味に「いや、努力をしたのかしなかったのか聞いている」と重ねると、野々村被告は沈黙で返した。

政務調査費報告書にまつわるほぼすべての事象に「記憶がありません」「記憶がございません」と繰り返した野々村被告だが、詐欺罪は否認している。

検察側は「記憶がないのに、なぜ詐欺をやっていないと言えるのか。その根拠は」と迫られても、「記憶がないので、根拠は申し上げられません」と答え、裁判長も頭を抱えるしぐさを見せた。

ただ、この点については、弁護人が再度質問し、これに対しては「報告書を作った当時の記憶がないので、詐欺を認められない」といった趣旨の説明を補足する場面はあった。

一連の第2回公判は、約1時間20分で終わり、次回は4月25日に決まり、論告求刑が行われる予定だ。現在は、初公判後以降、勾留され、ここまで約1カ月、神戸拘置所に収容されている。

この日の野々村被告は、鼻から口周り、そしてあごひげをたくわえ、黒のジャージー姿。歩幅が狭く、ちょこちょこ歩くような格好で入廷した。

前回の初公判時には、頭髪を丸刈りにして現れたが、拘置所生活で、髪の手入れもままならないのか、前頭部から頭頂部にかけては、髪の毛が寂しくなった状態を物語るようにそり上がったまま。一方で、後頭部から襟足にかけては髪の毛が伸びたままだった。

あごのひげは数センチたれるように伸びており、口周りから鼻下のひげもそっていなかった。

http://www.nikkansports.com/general/news/1607714.html

 - ニュース