【ボクシング】ドネア 息子との約束のために「恥をしのんで、涙を流して」優勝トロフィーを井上から一晩借りる(動画あり)

スポンサーリンク

【WBSS】ドネア 息子との約束のために「恥をしのんで」優勝トロフィーを井上から一晩借りる

スポンサーリンク

7日にさいたまスーパーアリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦は、WBA正規&IBF世界同級王者の井上尚弥(26=大橋)がWBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)を3―0で破り、優勝した。

スポンサーリンク

試合後にリング上で行われた表彰式では優勝者に送られる「モハメド・アリ・トロフィー」が井上に渡された。

ところがその日の夜、トロフィーは敗れたドネアの手元にあった。

これはどういうことなのか?

スポンサーリンク

実は、ドネアは夫人とともに来日した6歳と4歳の息子2人に「優勝して『アリ・トロフィー』を持って帰ってくる」と約束していたのだ。

判定負けで約束を果たすことはできなかったが、せめて一瞬だけでも息子たちに実物を見せようと「涙を流して、恥をしのんで、イノウエにお願いして、一晩だけ貸してもらった」(ドネアのツイッターより)というのが、その理由だった。

スポンサーリンク

8日午前に投稿されたツイッターの動画ではドネアとともにトロフィーの前に立った息子たちが「サンキュー、ミスター・イノウエ。コングラチュレーション」(ありがとう、井上さん。おめでとうございます)と井上に対するお礼と祝福のコメントを寄せた。

その後トロフィーは、午後から行われる一夜明け会見に間に合うように、井上の元に返却された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000012-tospoweb-fight

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

イイハナシダナー😭😭😭

コメント