野村克也さん(83)「男は弱くて1人では何もできない。絶対に奥さんより夫が先に死んだ方がいい」

「サッチーが先に逝ってしまって本当に寂しい。男は弱くて、一人では何もできない。絶対に、奥さんより夫が先に死んだ方がいいよ」

そうボヤくのは、野球評論家・野村克也さん(83)だ。

野村さんの妻、沙知代さんが虚血性心不全で亡くなったのは、2017年12月8日のこと。サッチーの愛称で親しまれた沙知代さんを懐かしむ人は多く、一周忌を迎えた今も、BSで特集番組が放送されるほどだ。

沙知代さんといえば、その歯に衣着せない大胆さが魅力だった。ただ、その言動が理由で、野村さんが2回も監督をクビになった騒動を覚えている人は多いだろう。

最初は、野村さんが南海の監督をつとめていた77年のこと。沙知代さんが選手起用や作戦にまで口を出すという噂が流れ、球団から監督解任を宣告される。

別れるように勧める周囲の声に対し、野村さんはこう言って沙知代さんを守ったという。

「世の中に仕事はいくらでもあるけれど、伊東沙知代という女はひとりしかいない」

2001年には沙知代さんが脱税容疑で逮捕され、当時66歳だった野村さんは、阪神の監督を辞任せざるをえなくなった。思わず「大バカもの!」と怒鳴りたくなったが、

「沙知代の夫を務められるのは、私しかいない」

こう思い、世間のバッシングから妻をかばい続けた。

妻であり、仕事のマネージャーであり、野村さんの生活全体に目を配る監督でもあった沙知代さんを亡くし、いま、野村さんは大きな喪失感にさいなまれているという。

「仕事を終えて誰もいない家に帰ったときがいちばんつらい……」

野村さんから妻を持つ男性諸氏に向けてのメッセージ。

「愛情は全部奥さんに捧げなさい」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00009915-bunshun-life

 

ノムさん一気に老け込んでしまったな…心配や(;´Д`)

コメント