sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

麻木久仁子「なぜ子供に『残さず食べろ』って指導するの?まずい食事が問題なのでは?」

   

麻木久仁子「なぜ子供に『残さず食べろ』って指導するの?まずい食事が問題なのでは?」

「残さず食べなさい」は教育ですか?

大嫌いだったうなぎが…

私は子供のころ、うなぎが大嫌いでした。口に入れられないほど嫌いでしたが、幸いなことに、高価なうなぎを私の口に押し込もうとする人はいません。みんな喜んで私の皿からうなぎを取っていくので助かりました。

それが30歳を過ぎて妊娠し、ひどいつわりに襲われたとき、他のものはだめなのに、なぜかうなぎだけが食べられたんです。おかしなもので、人の味覚はひょんなことで変わるんです。

ですから、娘が小さいときにも「嫌いなら食べなくてよし」。食材が無駄にならないように初めから盛り付けないか、シェアするか。どうしても残す時は、そっと皿の端に寄せなさいと教えました。大人になった今は、嫌いだったニンジンだのピーマンだの、なんでも食べています。

まずい給食こそ問題だ

食に関して、最近、気になるニュースがいくつかあります。学校の給食にまつわるものです。一つはある中学校で給食として出されているお弁当の食べ残しが、あまりにも多いという話。単に弁当がまずいからではなく、異物混入が幾度もあったことが明るみに出ました。とうとう提供中止ということになったようです。

そしてもう一つ。ある小学校の教師が、好き嫌いのある子供たちに給食を無理に食べさせた「行きすぎた指導」の問題です。子供たちは 嘔吐おうと しました。背景には「残さず食べる」という指導が根強くあるようです。

子供たちはなぜ食べないのか、なぜ残すのか。

本来、食事というのは 美味おい しく楽しく食べるものです。学校給食に教育的な意義を求めるのなら、美味しく楽しく食べる日々の経験が、自然に食への感謝の気持ちへとつながっていくよう導くべきです。無理に押し付けて、給食の時間がうっとうしいものになってしまっては逆効果。「まずいから残す、というのは 贅沢ぜいたく だ」という意見もあるようですが、そもそも育ち盛りで放っておいてもよく食べる時期の子供たちが残す、それも大量に残す、とはどういうことか。むしろ食材をそんなにまでまずくしてしまうことこそ、天の恵みへの 冒瀆ぼうとく といえそうです。

どんな食材にも、食材そのものの味があります。本来は、適量の塩味があるだけでも十分美味しいはずなのです。どういじったら、そんなにまずくなるのか。ここは子供たちの味覚を信じて、早めに改善してほしかったと思います。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171017-OYTET50021/

これほんと正論。人間の味覚なんて成長によって変わるものだし、「食べ物を粗末にするな」というのならまずい料理を作る人にこそいうべき言葉だ。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能, 食事