sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

野口英世の「パスポート」発見! 23歳で清国に初の海外渡航 猪苗代町

   

猪苗代町出身の細菌学者野口英世が初めての海外渡航で使ったパスポートが、同町の野口英世記念館収蔵品の中から見つかった。同記念館の学芸員森田鉄平さん(40)は「海外で見聞を広め、その後の国際的な活躍につながった貴重な経験の資料」としている。

英世は1899(明治32)年、恩師の北里柴三郎博士の推薦で当時清国で流行していたペストの感染拡大阻止のため国際予防委員会のメンバーとなり、23歳で清国の牛荘(ニューチャン)に渡航。防疫の仕事に9カ月間取り組んだ。

パスポートの表には「招聘(しょうへい)に応じて清国牛荘へ」とあり、裏には滞在を許可される旨が中国語と英語、フランス語で記されている。

パスポートは4月1日から、同記念館の企画展で直筆の書などと展示される。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160316-058095.php

野口英世の「パスポート」発見! 23歳で清国に初の海外渡航 猪苗代町

写真:「招聘に応じて清国牛荘へ」と記された英世のパスポートの表面

 - ニュース