【地域差】西日本の子供は虫歯にやすい事が判明!?原因は一体・・・

西日本の子供は虫歯になりやすい?――。

富山大は、日本小児歯科学会との共同研究で、虫歯になりやすいとされる「エナメル質形成不全」の児童の割合が、西に行くほど高いことが判明したと発表した。全国規模の調査で地域差が明らかになったのは初めて。研究グループは原因を究明し、虫歯予防に役立てたいとしている。

研究は、富山大の関根道和教授らの研究グループが行った。全都道府県の7~9歳の児童4496人について、左右上下の第1大臼歯の表面にあるエナメル質を調べ、黄色や茶色に変色するなどの異常がないかを確認した。

この結果、エナメル質形成不全の児童の割合は、▽北海道地方14・0%▽東北地方11・7%▽関東信越地方18・5%▽東海北陸地方19・3%▽近畿地方22・3%▽中国地方19・8%▽四国地方28・1%▽九州地方25・3%――と、「西高東低」の傾向になっていた。

関根教授によると、第1大臼歯は妊娠中~乳幼児期に形成され、6歳頃から永久歯として出現する。エナメル質が正常に形成されるには、カルシウムやビタミンD、リンの摂取が必要だが、地域差が生じた理由は分からないといい、「日照時間や気象条件、生活習慣が関係している可能性がある。今後、詳細な研究が必要だ」としている。

読売新聞 2018年11月30日 10時11分
https://www.yomiuri.co.jp/science/20181128-OYT1T50079.html
富山大学プレスリリース
https://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2018/1130a.html

 

(´・∀・`)ヘー

コメント